ダイエット、5キロ痩せるには

無理な食事制限をしないで、健康的に必ず5キロ痩せるダイエット法を伝授します。
カテゴリー  [ Q&A ]

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

痩せるための効果的なサプリメントの使い方とは


 飲めば痩せられるという謳い文句で販売されているサプリメントがたくさんあります。そのまま鵜呑みにして、ただ飲んでいれば痩せられると勘違いしている人が少なくありません。



常識で考えればそんなうまい話があるはずがないことぐらい分かりそうですが、現実はそうではありません。以前に説明しましたが、痩せるためのサプリメントは4つのタイプがあって、あなたの体質や太った状況などを考えて使い分けなければなりません。



 サブリメントの4つのタイプについては、次の記事をもう一度読み直しておいてください。
  ↓
 痩せるために、どのようなサプリメントを使うのがいいのでしょうか




  1日、1回、あなたの応援クリックが更新の励みになります。
  ↓
 
健康ダイエット ブログランキングへ




 今回は、4つのタイプに共通するサプリメントの使い方について説明します。

 基本的なことをもう一度言います。サプリメントを飲むだけで痩せることはできません。痩せるために必要なのは、運動して身体に溜まった脂肪を燃焼させなければなりません。さらに食事を制限することによって、脂肪が蓄積することを防がなければなりません。



つまり運動と食事制限というのが、痩せるために必要なことなのです。それでは、サプリメントはどのような目的のために使うのかというと、食欲を抑えたり、食べた物を吸収しにくくしたり、体内に蓄積された脂肪を燃焼しやすくするなど、あくまでも補助的な役割しか持っていないのです。



 サプリメントはあくまで補助的な役割しか持っていないのですから、4つのタイプごとに違ったサプリメントを使う必要があるのです。なので、そのサプリメントの効果が最大になるような飲み方をしなければならないのです。



つまり、あなたが飲むべきサプリメントの特性を活かすような用法を守ることが大事なのです。




 1日、1回、あなたの応援クリックが更新の励みになります。
  ↓
 
健康ダイエット ブログランキングへ

スポンサーサイト
[ 2016/09/13 16:26 ] Q&A | TB(-) | CM(0)

痩せるために、どのようなサプリメントを使うのがいいのでしょうか


 ダイエットをしようと考えている人の中に、できるだけ簡単にしかもあまり努力しないで痩せる方法がないか探している人が少なくありません。


 そういう方たちに多い質問は、「痩せるために、どのようなサプリメントを使うのがいいのでしょうか。」というものです。




 1日、1回、あなたの応援クリックが更新の励みになります。
  ↓
 
健康ダイエット ブログランキングへ




 4つのタイプがあるダイエット用サプリメント

 ダイエット用サプリメントには4つのタイプがあることを説明しました。
もう一度簡単におさらいしておきます。


4つのタイプは次の通りです。

1.何でもたくさん食べるタイプは、消化・吸収阻害サプリメント
2.あまり食べなくても太るタイプは、体脂肪異化促進サプリメント
3.ストレスでやけ食いするタイプは、食欲を抑制するサプリメント
4.血糖値が高いタイプは、インスリンの効果を高めるサプリメント


これらの4つのタイプに当てはまる人は、自分に合ったサプリメントを選んでください。
これらの4つのタイプのダイエットサプリメントが市販されているので、薬局やドラッグストアで相談してみてください。




 ダイエットの必要がないのに痩せたい人は

 世に中には、4つのタイプに入らないのにダイエットしたいと考えている人がたくさんいます。それは標準体重でしかも隠れ肥満でもないのに、モデルのようにスマートになりたいと願っている人達です。特に、若い女性に多いようです。


このような人は、痩せる必要もないのですが、それでも痩せたいのであれば、使うべきサプリメントは決まっています。それは、ミネラルやビタミンなどの必要な栄養素を補うことができるサプリメントです。


ダイエットというと、簡単にできるので、まず食事制限から始めます。あまり知識のない人が、食べる量を減らしてしまうと、必ずミネラルやビタミンなどの必要な栄養素を補うことができないために、体調を崩してしまうことになります。


そのようなことらならないために、必要な栄養素をサプリメントで補いながら、ダイエットすることが大切です。


 こういう方たちが、どのようにして痩せればいいのかについて、以前に説明しているので、読んでみてください。
 ↓
 腸をきれいにして痩せる健康に良いダイエットサプリメントとは




 1日、1回、あなたの応援クリックが更新の励みになります。
  ↓
 
健康ダイエット ブログランキングへ


[ 2016/07/20 16:23 ] Q&A | TB(-) | CM(0)

ダイエットで減らした体重を維持するには


 ダイエットを始めるとわりと簡単に体重が減っていきます。なので、体重を減らすことに悩むよりも、目標体重まで減らした後に、その体重を維持することを考え始めます。もっとも、それはダイエットが上手く行っている人の場合ですが・・・。


 そういう方たちに多い質問は、「目標体重まで減量できても、また元に戻るんじゃないかと心配になります。目標体重を維持するには、どうすればいいのでしょうか。」というようなものです。




 1日、1回、あなたの応援クリックが更新の励みになります。
  ↓
 
健康ダイエット ブログランキングへ




 目標体重まで減らした後が大切

 目標体重まで減らすことに成功すると、たいていの人は成功したことに大喜びします。やり遂げたとという達成感を味わうはずです。苦労して体重を減らしたのですから当たり前ですよね。


しかし、本当の意味でのダイエットは、目標体重まで減らしてからなのです。ここからがスタートだと言っても言い過ぎではありません。しかし、目標体重まで減らしたことで、ダイエットは終わったと考えてしまう人が多いのです。


せっかく身についたダイエットの習慣を忘れて、我慢してきた好きな物を食べたり飲んだりし始めます。
達成した日ぐらいは、お祝いの意味で好きな物を食べてもいいでしょう。しかし、翌日からは食べる量を考えなければなりません。




 ダイエット中に身についた習慣を続けることが重要

 ダイエット期間中にカロリー制限のために食べる量を減らしたはずです。目標体重まで減らした後は、その体重を維持すればいいだけですから、食べる量を増やしても大丈夫です。しかし、体重を維持するための食事量を計算しながら増やさなければなりません。それができないから太ってしまうのです。


もう一つ考えておかなければならないことは、ダイエットしている時には何らかの運動をしていたはずです。その運動を続けると言う条件のもとで食べる量を増やすのであれば問題ありません。


しかし運動を止めてしまって食べる量を増やすと運動によって消費していたカロリー分だけ過剰になるのですから、いくら食事制限していても、また太ってしまいます。


運動によって増えた筋肉量が減ってしまうと、さらに太りやすくなってしまうので、運動は続けなければなりません。その方が太りにくい体質になるので、続けてくださいね。




 1日、1回、あなたの応援クリックが更新の励みになります。
  ↓
 
健康ダイエット ブログランキングへ




[ 2016/04/08 18:10 ] Q&A | TB(-) | CM(0)

ダイエットの目標体重を決めるには


 ダイエットしたいと考えてダイエットを始めたものの、どこまで減量すればいいのか分からず悩んでいる人が少なくありません。ただ漠然と細くてきれいになりたいと思ってダイエットを始める人が多いからだと思います。


 ダイエットにあまり詳しくない方に多い質問は、「目標体重はどれくらいに設定すればいいのでしょうか。」というようなものです。それでは、どのような考え方で目標体重を決めればいいのでしょうか。




 1日、1回、あなたの応援クリックが更新の励みになります。
  ↓
 
健康ダイエット ブログランキングへ





 目標体重の決め方

 このブログを最初から読んでいただいている方は、目標体重の決め方やベスト体重の考え方などはすでに理解されていると思います。


 途中から読み始めた方は、まずは下記ページを読んでみてください。
  ↓
 確実に痩せるには
 

 目標体重というのは、BMI値を基に算出します。BMI値が22になるように設定するのがいいでしょう。

 理想体重(Kg)=身長(m)X身長(m)X22


 しかし、BMI値から計算した理想体重というのは目安でしかありません。実際には、体脂肪率が肥満のレベルにないことが最も重要な要素なのです。体脂肪率が肥満のレベルにない状態でしかも、あなたが最も活動しやすい体重にするのがベストです。それは、実際に減量してから判断するしかありません。


でもベスト体重は、理想体重に近いところにある人が多いようです。




 ダイエットする時の摂取カロリー

 ダイエットで重要なことは、ただ体重を減らせばいいということではありません。ビタミンやミネラルの摂取を減らさないようにしなければなりません。しかも筋肉量が落ちないように蛋白質も摂取しなければならないのです。


炭水化物の摂取量を減らして体脂肪だけ減らせればいいのですが、それがとても難しいのです。なので、食事制限をどのようにするのかが重要なのです。


ダイエットする時に、どのようにして食事制限をすればいいのか、1日の摂取カロリーの計算方法をすでに説明しているので参考にしてください。

読み直したい方は、下記ページを読んでください。
  ↓
 痩せるための食事量の決め方
 http://diet5kilog.blog.fc2.com/blog-entry-13.html


 ダイエットする時の1日の摂取カロリーは、目標体重とダイエットする期間によって決まります。健康を第一に考えるなら、一気に体重を落とすべきではありません。徐々に落とすようにしてくださいね。月に5Kg以下にしましょう。




 1日、1回、あなたの応援クリックが更新の励みになります。
  ↓
 
健康ダイエット ブログランキングへ




[ 2016/03/28 11:46 ] Q&A | TB(-) | CM(0)

20歳を過ぎてからの肥満予防ダイエットとは


 中年になると、どうしても太りやすくなってしまうようです。特に40歳を過ぎたころから、そういうように感じる人が多いようです。そのため、中年になってから、真剣にダイエットを始める方が少なくありません。


中年の方に多い質問は、「これまでと何も変わったことをしていないのに、40歳を過ぎてから急に太り始めました。何故なのでしょうか。」というような内容です。


 今回は、中年になって太りやすくなる理由とその対策について説明します。




 1日、1回、あなたの応援クリックが更新の励みになります。
  ↓
 
健康ダイエット ブログランキングへ




 中年になると代謝が悪くなる

 私たち人間の身体は、眠っていてもカロリーを消化します。これを基礎代謝と言います。基礎代謝とは、体を横たえて全く体を動かしていなくても、呼吸をする、心臓を動かす、体温を保つなど、様々な生命活動のために、常に使っているエネルギーです。生きていく上で最低限必要なカロリーだと考えてください。


基礎代謝は20歳くらいから下降し始め、40歳を過ぎたころから下降のペースが加速します。なので、40歳過ぎても20歳代と同じような生活をしていると、どんな人でも太っていくのです。代謝が悪く太り気味の方は、より太りやすくなるということなのです。


なので、20歳を過ぎたら、代謝が悪くなることを考えて生活習慣を意識して変えなければならないのです。そんなことを意識して生活している人は、本当に少ないと思います。




 20歳を過ぎてからの肥満予防とは

 20歳を過ぎると太りやすくなることを意識して、食べ物や生活習慣を変えていきましょう。食事の量を減らすことはもちろんですが、脂肪になりやすい食べ物を減らして、できるだけヘルシーな物を食べるようにしなければなりません。


肥満を予防するのに適している食事は和食です。和食というのは、魚や野菜、海藻、キノコ類など、カロリーの低い食材が多く、しかも食物繊維やビタミン、ミネラルも豊富です。なので、太らないようにシカロリー制限できるだけでなく、生活習慣病の予防にもなるという、とても優れた食事なのです。食中心の食事を和食中心の食事に変えていきましょう。


 食事を変えると同時にやりたいことは、運動をすることです。代謝の悪化によって余ったエネルギーを消費するためには運動するしかありません。運動によって、余ったエネルギーをすべて消費することは難しいかもしれませんが、そうできるように努力することが大切です。


40歳を過ぎると、どうしても筋肉量が減少していきます。筋肉の減少は足腰を弱くするので、足腰が弱くならないように運動することができれば、齢をとっても健康な身体を維持することができるのです。




 1日、1回、あなたの応援クリックが更新の励みになります。
  ↓
 
健康ダイエット ブログランキングへ




[ 2016/03/20 11:54 ] Q&A | TB(-) | CM(0)

ダイエットによる肌荒れを防ぐには


 実際にダイエットを始めると分かることなのですが、予期せぬトラブルが起きます。特に食事制限によって体調を崩す場合が多いようです。大きく崩れることがないにしても、肌が荒れるというか肌に潤いがなくなるという経験をした人が多いようです。


なので、次のような質問、「肌がカサカサになったり、化粧ののりが悪くなりました。肌荒れをしないようなダイエットはできるのでしょうか。」をする人がたくさんいます。



 今回は、肌荒れが起きる原因とその対策を説明します。




 1日、1回、あなたの応援クリックが更新の励みになります。
  ↓
 
健康ダイエット ブログランキングへ




 肌が荒れる原因とは

 ひどい肌荒れを起こす人は、次のようなダイエットをしている人に多いようです。早く体重を減らしたいと思う気持ちが強いため、極端な食事制限をする人は、エネルギー源となる炭水化物だけでなく、ビタミンやミネラルの摂取まで減らしてしまう傾向があります。


食事制限で食べる量を減らしてしまうと、生きていくために必要な栄養素が不足することになるのです。食事制限で炭水化物だけを減らせばまだいいのですが、蛋白質やビタミン、ミネラルまで減らすことになる場合が多いのです。


そうなると、体調をコントロールする栄養素が不足してしまうので、体調を崩すことが多いのです。体調を崩すまで至らなくても、肌の潤いが失われてしまうことはよくあることなのです。




 肌荒れを防ぐには

 理想的なダイエットは、ムダな脂肪だけ減らすことです。それができればいいのですが、食事制限だけで脂肪を減らすことはできません。体脂肪を減らすためには、やはり筋肉をつけるしかありません。なので、ダイエットには運動が欠かせないのです。運動せずに理想的な身体にすることは無理です。ダイエットのしかたを考え直しましょう。


運動するしないは別にして、肌荒れをしないようにダイエットするには、やはりバランスのよい食事をすることです。現代人の食生活で不足しがちなビタミンやミネラルを摂ることを心がけましょう。さらに、肌荒れに最も影響するのは脂質です。


肌に潤いを与えてくれるのは脂質なのです。体脂肪を減らしたいのに脂質を摂らないといけないというのは、なんだか矛盾するような感じがしますが、脂質の摂取を減らしすぎると肌荒れを起こしやすいということです。


そういうこともあって、脂肪は減らすために運動をしてくださいと言っているのです。私がお勧めするのは、筋肉トレーニングなのですが、中でもスロートレーニングが最も取り組みやすく効果が出やすいと思います。





 1日、1回、あなたの応援クリックが更新の励みになります。
  ↓
 
健康ダイエット ブログランキングへ





[ 2016/03/12 17:26 ] Q&A | TB(-) | CM(0)

確実に痩せるには、どのくらいのペースで減量すべきなのか


 これからダイエットを始めようと考えている人は、できるだけ早く理想の体型に近付きたいと思っています。しかし急激に体重を減らすのはとても危険です。そのあたりのことをよく分かっている人も少なくありません。自分の健康のことを考えて、次のような質問、「1ヶ月にどれくらいのペースで体重を落としていくのがいいのでしょうか。」をしてきます。



 今回は、どれくらいのペースで体重を落としていくのがいいのかを説明します。




 1日、1回、あなたの応援クリックが更新の励みになります。
  ↓
 
健康ダイエット ブログランキングへ




 急激なダイエットはリバウンドしやすい

 体重を落とすペースを考えることはとても重要です。落とすペースが小さければ、それだけダイエットの期間が長くなるのですから、誰もができるだけ早く痩せたいと思うのが当たり前です。1ヶ月に7Kgも8Kgも落としたと吹聴している人がいますが、そういう人は体調を崩すリバウンドで困っているはずです。


 体調を今よりも良くして、しかも太りにくい体質に変えながらダイエットしなければなりません。ダイエットは健康になるためにするというのが基本的な考え方だからです。そしてダイエットで目標体重に達したら、それで終わりということではないのです。ダイエット期間中に身につけた運動や食事制限を継続しなければ、その体重を維持することはできないのです。


なので、急激に体重を落とすようなダイエットはしないでくださいね。




 理想的な体重の落とし方は

 1ヶ月に○Kgずつ落とすのがいいという決まりはありません。目標体重にするために50Kg減量しなければならない人と5Kgの減量でいい人と同じように考えても仕方がないからです。50Kgも減量しなければならない人でも、落としていくペースは3ヶ月で10Kgまでに抑えておくべだと考えています。5Kgの減量でいい人は1ヶ月に1~2Kgくらいがいいのではないでしょうか。


筋肉をつけるために運動していれば、その運動量によって減量のペースがある程度決まります。筋肉が付けばつくほど、食事量を変えなくても体重が減るからです。運動せずに食事制限だけで痩せるのは、筋肉を減らすことになるので、痩せにくい体質になってしまいます。


なので、どれくらいの運動ができるのかによって決めるのがいいのではないでしょうか。といっても、先ほど言ったように、目安は1ヶ月に1~2Kgくらいがいいのではないでしょうか。





 1日、1回、あなたの応援クリックが更新の励みになります。
  ↓
 
健康ダイエット ブログランキングへ


[ 2016/01/27 11:11 ] Q&A | TB(-) | CM(0)

痩せる体質作りに利用したい肥満体質遺伝子の検査


 ダイエットが上手くいかず思うように痩せることができない人は、その理由を自分の体質に問題があるからだと考えているようです。そのため、自分が肥満体質かどうかを知りたいと思っている人が多いようです。


ダイエットの経験がない人でも、自分が肥満体質かどうか知りたいと考えている人が少なくありません。最近増えているのが、次のような内容の質問です。「太りやすい体質かどうかを、どのようにして調べればいいのでしょうか。」



 今回は、肥満遺伝子を持っているかどうかを調べる方法について説明します。





 1日、1回、あなたの応援クリックが更新の励みになります。
  ↓
 
健康ダイエット ブログランキングへ





 遺伝子検査の方法

 次の3つの遺伝子が肥満関連遺伝子として知られています。それはβ-3アドレナリン受容体遺伝子、脱共役タンパク質1遺伝子、β-2アドレナリン受容体遺伝子の3つです。これらの遺伝子のちょっとした違いによって、基礎代謝が大きく違ってくるのです。


それでは、これらの遺伝子検査をどのようにして行えばいいのかというと、一般の医療機関では検査は行われていません。但し、肥満や糖尿病などの専門クリニックでは検査をしているところもあるようです。


しかし心配することはありません。湧永薬品という製薬メーカーが「肥満体質遺伝子検査キット」というのを販売しています。オンラインで注文して、検体を採取しメーカーに送れば、2週間後に検査結果を知らせてくれるというサービスです。


検体は頬の内側の粘膜をこすって採取します。書類と一緒に検体を送るだけですから、とても簡単です。痛みはほとんどありません。


このサービスのお値段は、税抜きで9,000円くらいです。



 この検査をすることによって、8種類ある肥満のタイプのどのタイプかが分かります。肥満のタイプが分かれば、どのようなダイエットをすればよいが分かるので、ダイエットがやりやすくなります。


1万円弱の費用で肥満体質かどうかと肥満のタイプが分かるのですから、気になる方はトライしてみてください。




 1日、1回、あなたの応援クリックが更新の励みになります。
  ↓
 
健康ダイエット ブログランキングへ



[ 2016/01/26 13:29 ] Q&A | TB(-) | CM(0)

痩せる体質、太りやすい体質だとを自覚することが重要


 痩せたいと思ってダイエットを始めたものの、思うように痩せることができない人や一度は上手く痩せることができたものの、その後リバウンドしてしまう人がたくさんいます。そのためダイエットを繰り返さざる得ない人も少なくありません。


そういう人は、そのうち思うように痩せることができない理由探しを始める人が多いようです。そういう方に多い質問が、「肥満になる原因は体質にあるということを聞きました。肥満体質の場合、どんなに努力しても痩せることができないのでしょうか。」です。



 確かに肥満は遺伝します。なので体質に関係していると言えるでしょう。しかし、肥満体質だから太っていてもしかたがないというわけではありません。肥満体質だけで太る訳ではありません。肥満体質の上に生活習慣が重ならない限り肥満になることはないのです。



 それでは、どのような生活習慣を身につければ肥満にならなくて済むのでしょうか。




 1日、1回、あなたの応援クリックが更新の励みになります。
  ↓
 
健康ダイエット ブログランキングへ





 肥満体質は検査すれば分かる

 肥満体質かどうかは遺伝子の検査をすれば分かります。分かっているだけでも10以上もの肥満遺伝子が存在しています。その中の最も太りやすい体質だと分かったとしても、正常な人と比べると1日の摂取カロリーは220calしか違わないのです。


220calを食事に換算すると、ご飯お茶碗1杯、もしくは鯛焼き1個くらいの違いでしかありません。正常な人と比べるとハンディを背負っていることになりますが、この程度のハンディであればけっして克服できないレベルではありません


肥満体質であることを理由に痩せることを諦めることの方が問題なのです。普通の人よりも食べることを我慢しなければならないのは事実です。しかし本当に痩せたいのであれば、けっして我慢できないことはないはずです。あなたの痩せたい気持ちを試されていると前向きに考えて、ダイエットに取り組んでくださいね。





 肥満体質であることを自覚することが大切

 ダイエットが上手く行かないからと言って、その言い訳を考えるのではなく、現実をしっかりと認識し、自分は太りやすい体質であることをしっかりと自覚しましょう。その上で、自分の体質を考えて、やせるためにどうしなければならないのかを考えて実行していきましょう。


太りやすい体質なのですから、普通の人よりも食事を制限したり、運動しなければならないのです。そのために具体的にどうしていくのかを考えて実行すれば、目標が具体的に見えてきます。ここまでくれば、後は結果が出るまで頑張るだけです。諦めずに努力していきましょう。





 1日、1回、あなたの応援クリックが更新の励みになります。
  ↓
 
健康ダイエット ブログランキングへ




[ 2016/01/25 15:43 ] Q&A | TB(-) | CM(0)

痩せる食生活、肥満遺伝子を持っていても大丈夫


 ダイエットを始める前に考えなければならないことは、なぜ太ったのかということです。本当に痩せたいのであれば、太った原因をよく考えて、原因と考えられる要素を1つ1つ潰していくことが重要です。


しかし、太っている人の中には、次のような質問をする人がたくさんいます。「家族がみんな太っています。肥満は遺伝するのでしょうか。」というものです。


太っている原因がよく分からないのか、あまり考えたくないので、遺伝のせいにしたいのかもしれのせんが、肥満は遺伝の要素が強いと考えている人が多いようです。



 肥満は遺伝するのでしょうか。遺伝するにしても何か対応はないのでしょうか。




 1日、1回、あなたの応援クリックが更新の励みになります。
  ↓
 
健康ダイエット ブログランキングへ




 肥満遺伝子は存在する

 最近の遺伝子研究の結果、肥満遺伝子が存在することが分かりました。今分かっているだけでも10以上もの遺伝子が存在しているようです。


 肥満遺伝子を持っているから必ず肥満になるというわけではありません。肥満になりやすい体質であるということは言えると思います。遺伝子だけが原因で肥満になるのではありません。それ以外に大きな要因があるのです。それは生活習慣です。


 先ほどの質問で家族がみんな太っているというのは、肥満遺伝子を持っているうえに、家族全員食べることが好きなのでしょう。なので、家族がみんな同じものを同じようにたくさん食べていることから、全員太っているのではないかと考えられます。


太らないためには食生活を見直す必要があるのです。いくら肥満遺伝子を持っていても、肥満にならないように注意し努力していけば、肥満になることはありません




 肥満にならないためには

 遺伝的要因と環境的な要因の2つが揃わなければ、肥満になることはありません。たとえ遺伝的に肥満になりやすい体質だとしても、環境的要因を改善すれば、肥満になることはないのです。つまり、食生活を改善し適度な運動をしていれば、肥満になることはありません。


 太っている人には、3つのタイプがあるそうです。あなたは、どのタイプなのでしょうか。太るタイプによって、ダイエットのしかたが違います。

 このあたりのことは、過去の記事で説明しています。読み直してください。
  ↓
 痩せるためには中性脂肪を減らすこと



 ここで言いたいことは、肥満遺伝子を持っているから太っても仕方がないと諦めることが最も危険な考え方だということです。たとえ肥満遺伝子を持っていて太りやすい体質だとしても、しっかりと食生活を管理し、適度な運動をしていれば、けっして太ることはないのです。


普段の心がけひとつで肥満になることを防ぐことができるので、太らないような生活習慣を身に着けてくださいね。





 1日、1回、あなたの応援クリックが更新の励みになります。
  ↓
 
健康ダイエット ブログランキングへ



[ 2016/01/22 14:57 ] Q&A | TB(-) | CM(0)

絶対痩せる必要がある隠れ肥満とは


 太っているわけではないのに、健康診断で内臓脂肪が多いのでダイエットしなさいと医者に言われたという人も少なくないでしょう。


こういう方は、太っていないので、自分がダイエットしなければならないという自覚が全くありません。なぜ、ダイエットなんかしなければならないのかと、逆に疑問を持っている人がほとんどです。


このような経験をお持ちの方は、今、巷で増加している「隠れ肥満」と言われるものです。隠れ肥満というのは、どのような状態なのでしょうか。なぜ、ダイエットしなければならないのでしょうか。




 1日、1回、あなたの応援クリックが更新の励みになります。
  ↓
 
健康ダイエット ブログランキングへ




 隠れ肥満は生活習慣病になりやすい

 肥満かどうかを判定するのにBMI値が使われます。BMI値は肥満を示していないのに、体脂肪率が25%以上の場合には隠れ肥満と呼ばれています。一般的に、体脂肪が増えると体型がぽっちゃりとしてくるのでBMI値が高くなります。しかし、元々痩せている人が体脂肪が増えて普通の体型になったような場合には、BMI値が肥満を示すことはありません。


 隠れ肥満について説明している下記ページを読んでください。
  ↓
 痩せなければならないかどうかは体脂肪率で決まる
 http://diet5kilog.blog.fc2.com/blog-entry-3.html



 内臓脂肪による肥満は生活習慣病になりやすいと言われています。内臓脂肪による肥満が進み糖尿病、高血圧、高脂血症の4つが揃うと、「死の四重奏」と言われ、心筋梗塞を発症する危険が高くなるのだそうです。

 内臓脂肪による肥満ついて説明している下記ページを読んでください。
  ↓
 痩せることが長生きにつながる
 http://diet5kilog.blog.fc2.com/blog-entry-4.html




 
 内臓脂肪の働き

 内臓脂肪というのは、活発に動く細胞で、日々のエネルギーの供給減になっています。なので、太らなければ、とても良い働きをしてくれる細胞です。


しかし太ってしまうと、良い働きをしなくなってしまうのです。エネルギー源となる脂肪を燃焼させずに、ただ貯めこむだけになってしまいます。そうなると、内臓脂肪の増加が加速し、糖尿病、高血圧などの病気を呼び込むことになるのです。


なので、隠れ肥満は肥満が進まないうちにダイエットして内臓脂肪を減らさないといけません。太っていれば痩せなければならないと思うのですが、隠れ肥満は肥満であるという自覚がないだけに、ある意味厄介です。しかも、内臓脂肪は落ちにくいので、ダイエットするのも大変です。普通のダイエットのしかたでは、内臓脂肪は減らないからです。


 隠れ肥満のうちにダイエットに取り組みましょう。





 1日、1回、あなたの応援クリックが更新の励みになります。
  ↓
 
健康ダイエット ブログランキングへ




[ 2016/01/21 11:39 ] Q&A | TB(-) | CM(0)

運動せずに痩せるとリバウンドの可能性が高くなる


 太っている人は身体を動かすことがあまり好きでない人が多いようです。食べることが好きでお腹いっぱい食べて運動しないのですから、太るのが当たり前です。


それでもスリムな体型になりたいと思っている人が多く、ダイエット願望は強いようです。しかし、やっぱり運動するのは嫌なようで、「運動は苦手です。仕事が忙しく運動する時間が取れません。運動せずにダイエットすることはできないでしょうか。」という質問がたくさんあります。



 結論から言うと、ただ痩せるだけなら運動しなくても痩せられます。しかし、運動せずに痩せてもまた同じ状態になってしまう可能性が高くなります。どうせダイエットするなら、太りにくく痩せやすい体質に変えるべきです。そうすればリバウンドすることもありません


ダイエットするために運動しなければならない理由お勧めのダイエット法を説明します。




 1日、1回、あなたの応援クリックが更新の励みになります。
  ↓
 
健康ダイエット ブログランキングへ



 
 運動しなければならない理由

 食事制限して摂取カロリーを減らせば、消費エネルギーが多ければ痩せていきます。痩せる時に体脂肪だけ減ってくれればいいのですが、脂肪が減る前に筋肉が減ってしまうのです。筋肉は運動しなくてもエネルギーを消費してくれるので、痩せるためにとても重要なのです。


もし食事制限だけで痩せれば、筋肉が減少してしまうので、痩せたくても痩せにくい体質になってしまいます。なぜかというと、エルネルギーの消費量が減少してしまうからです。なので、筋肉を減らさずに痩せる必要があるのです。むしろ、筋肉をつけて消費エネルギーを増やすべきなのです。


そうすれば、基礎代謝が増加するので、太りにくく痩せやすい体質に変わります。そのためには運動するしかないのです。


ただ、運動嫌いの人にハードなトレーニングをしてくださいなんて言うつもりはありません。運動嫌いな人にピッタリの運動を紹介します。


 過去のこちらの記事を読んでみてください。
  ↓
 痩せるために行う筋トレにはデメリットがない 



 私がお勧めのダイエット法は、こちらの記事をどうぞ。
  ↓
 痩せるダイエット、健康的にきれいに痩せる方法とは 





 1日、1回、あなたの応援クリックが更新の励みになります。
  ↓
 
健康ダイエット ブログランキングへ



[ 2016/01/20 15:14 ] Q&A | TB(-) | CM(0)

食べながら痩せる、甘い物を我慢せずに痩せるには


 ダイエットしたいと思っている人がたくさんいますが、実際にダイエットを始めると、途中で挫折しダイエットを諦めてしまう人が多いのが実情です。ダイエットを続けられなくなってしまう理由で最も多いのがストレスです。


太っている人は、食べることが好きですから、食べることでストレスを発散しています。それなのに思うように食べることができないと、それがストレスになってしまうのです。食べたいものを我慢するというのは、大きなストレスになってしまうようです。


そういう方たちに多いのが、「甘いものが好きなので、甘い物を我慢することができません。ダイエット中は甘い物を食べてはいけないのでしょうか。」という質問です。



 結論から言うと、甘い物を食べていけないということはありません。できれば食べない方がいいのですが、この質問に対する対処の仕方を説明します。




 1日、1回、あなたの応援クリックが更新の励みになります。
  ↓
 
健康ダイエット ブログランキングへ




 甘い物はダイエットの敵

 甘い物というのはだいたい糖質でできてます。糖質を一度にたくさん食べると、すべてが脂肪に変わってしまうので、ダイエットにはよくありません。


糖質は人間が生きていく上で必要なエネルギー源になるので、糖質をゼロにするわけにはいきません。1日に必要な糖質の1割くらいを甘い物で摂ることは問題ありません。しかし、先ほど言ったように一度に食べると脂肪に変わるので、脂肪に変わらないように分散して食べるなどの工夫が必要なのです。


しかし甘いものが好きな人にとって、少しだけ食べるということで我慢できるかどうか分かりませんが、ストレスにならないように、絶対食べてはいけないという縛りを外しておく意味でも効果があるのではないでしょうか。





 ストレスをなくすために

 甘い物を食べてはダメということになると、それだけでストレスになってしまうので、ダイエットを続けられなくなってしまうかもしれません。なので、どうしても我慢できなくなった時は食べてもいいと思います。


ただし、食べる量を考えなくてはいけません。週に1度小さなケーキを1個とかお饅頭を1個というように、カロリー計算して、1週間の糖質を置き換える程度にしてください。


ただ、甘い物を食べたいというのも慣れなので、慣れてくると食べなくても平気でいられるようになってきます。なので、どうしても食べたくなった時は、ストレスを発散する意味からも食べた方がいいでしょう。




 1日、1回、あなたの応援クリックが更新の励みになります。
  ↓
 
健康ダイエット ブログランキングへ




[ 2016/01/19 15:58 ] Q&A | TB(-) | CM(0)

痩せるダイエット、健康的にきれいに痩せる方法とは


 現在肥満でダイエットしたいと考えている人がたくさんいます。健康のことを考えるとできるだけ早く痩せた方がいいのですが、食事制限などで急激に痩せることに不安を持っている方も多いようです。


そういう方たちに多いのが、「かなりの肥満なのですが、急に食事を減らして痩せるのは不安があります。どのようなダイエット法をとればいいのでしょうか。」という質問です。



 状況がよく分からないので、理想体重が60Kgくらいで20Kg近く痩せなければならないという設定で、ダイエット法を説明したいと思います。




 1日、1回、あなたの応援クリックが更新の励みになります。
  ↓
 
健康ダイエット ブログランキングへ




 食事制限で急激に体重を減らすリスク

 20Kg近く痩せなければならないのですから、1ヶ月に10Kgくらい落として2ヶ月くらいでダイエットしたいと考えているかもしれませんが、それは急激に落としすぎです。できるだけ時間をかけて落とすべきです。3ヶ月で10Kgくらい落とすペースがいいでしょう。なので、半年かけて20Kg減らすというスケジュールを考えましょう。


 なぜ急激に体重を減らすと危険なのかというと、食事制限によって1ヶ月に10Kg落とすことは難しくありません。しかし、急激に痩せるとリバウンドする可能性が高くなります。さらに、食事メニューをきっちりと作って食事制限しないとビタミンやミネラルなど、必要な栄養素が不足することになって、体調を崩すことになるからです。


最も怖いことは、食べることが好きで肥満になった人は、食べることでストレスを発散しています。それなのに思うように食べることができないと、それがストレスになってダイエットどころではなくなります。それこそ、途中でギブアップすることになり、余計に太ってしまうということになるのです。




 太りにくい体質に変えるダイエット法

 食事制限を始めるのと同時に筋肉をつける運動を始めましょう。筋肉をつけるのに最も効果があるのはスロートレーニングです。筋トレのようにハードではありません。筋トレなら1日に2時間以上しなければなりませんが、トレーニングなら多くても週に3回程度、1日30分くらいの運動で十分です。スロートレーニングの他に、ジョギングやウォーキングを行うと、より効果が上がります。


 私がお勧めする筋肉をつけるための運動はこれです。
  ↓
 スロートレーニングでダイエットする方法とは http://diet5kilog.blog.fc2.com/blog-entry-142.html



 食事制限は1ヶ月に4Kgくらい体重を減らすようなスケジュールを作りましょう。現在の体重から1ヶ月に4Kg減らすように1日の摂取カロリーを計算します。そして2Kg減量できた段階で、また4Kg減らすように1日の摂取カロリーを再計算し、食事制限を見直します。2Kg減量できたら、食事制限のしかたを見直ししてダイエットを継続していきましょう。


 食事制限することで必要な栄養素が不足しないように、糖尿病食を参考にメニューを作りましょう

 下記ページを参考にしてください。
  ↓
 確実に痩せるダイエットに取り入れたい糖尿病食の作り方 

 
 自分で作るのが面倒だという方は、市販の糖尿病食を利用してください。
  ↓
 健康ダイエットのために糖尿病食を利用するには



 半年かけて筋肉を付けながら食事制限を続けていけば、筋肉が付くことで太りにくく痩せやすい体質に変わります。糖尿病食を利用することで、栄養不足になることもないので、きれいにしかも健康に痩せることができます。そうすればリバウンドを心配することもありません




 1日、1回、あなたの応援クリックが更新の励みになります。
  ↓
 
健康ダイエット ブログランキングへ



[ 2016/01/18 11:58 ] Q&A | TB(-) | CM(0)

ストレス 痩せる、食事制限によるストレスを抑える方法


 ダイエットするために重要なことは、運動することと食事制限です。運動を続けることも大変ですが、食事制限を続けるにも大きな壁が立ちはだかっています。食事制限なんて食べる量をへらすだけだから簡単だろうと思っている方も少なくないでしょう。 


しかし現実は、それほど甘くはありません。ダイエットに挫折する大きな原因の1つが食事制限を続けることによって生じるストレスに耐えられないことなのです。そういう人からいただく質問は、「食事制限をしているとストレスがたまり、どうしても食欲を抑えることができなくなることがあります。食欲をコントロールする方法はないのでしょうか。」というものです。



 今日は、食欲というストレスを抑える方法を紹介します。




 1日、1回、あなたの応援クリックが更新の励みになります。
  ↓
 
健康ダイエット ブログランキングへ





 ストレスにならない食事のしかた

 太っている人は基本的に食べることが大好きです。お腹いっぱい食べることでストレすを発散している人も多いようです。そういう人がダイエットのために食事制限するのですから、お腹いっぱい食べることができないことがストレスになってしまういます。


慣れるしかないのですが、食事のしかたを工夫することでストレスをコントロールしましょう。これまでに説明している記事があるので読んでみてください。


この質問に対する回答として参考になると思います。
  ↓
 健康的に痩せるための3食のバランスは



 ストレスを抑える方法

 それでもストレスを感じる場合は、スポーツをしたり身体を動かすとストレス解消につながるので、自分の好きなスポーツをするようにしましょう。ジムに通うのもいいでしょう。あるいは散歩から始めてジョギングなどに挑戦するのもいいと思います。


あるいは趣味に熱中するのもいいですね。カラオケなどは大きな声を出すことでストレスが発散できます。何か好きなことに熱中していると、嫌なことも忘れるので、何か趣味を持つようにしてくださいね。


それでも足りない場合には、ダイエットの休日を設けましょう。ダイエットをお休みする日ですから、この日は好きな物を食べてもいい日です。好きな物を食べるのはいいのですが、お腹いっぱい食べることがないようにコントロールしなければなりません。


ヘタをすると、ダイエットの休日がきっかけとなって、ダイエットは止めたということになってしまうので、あまりお勧めの方法ではありません。


それよりも、どうしても食欲を抑えることができない時には、食欲を抑制するサプリメントを利用する方がいいかもしれませんね。

 食欲を抑制するサプリメントについては、次の記事を読んで参考にしてください。
  ↓
 知っておきたいダイエットサプリの種類と機能





 1日、1回、あなたの応援クリックが更新の励みになります。
  ↓
 
健康ダイエット ブログランキングへ


[ 2016/01/15 11:30 ] Q&A | TB(-) | CM(0)

痩せる カロリー、ダイエットに必要な1日の摂取カロリー


 痩せたいあるいは痩せなければと思ってダイエットに取り組んでいる人がたくさんいます。しかし、何時までにどれくらい体重を減らすのか具体的な目標を持って取り組んでいる人は、とても少ないのが実情です。


痩せていれば格好いいしきれいだから・・・と漠然とダイエットに取り組む人が多いようです。それでは上手く行くはずがありません。それは、何時までにどこまで痩せればいいのか、というダイエットの基本的な考え方を理解していないからだと思います。



 「1日の摂取カロリーはどれくらいにすればいいのでしょうか。」というのが実際にダイエットしている方に多い質問なのです。この質問から何時までにどれくらい体重を減らしたいのか理解していない人が多いということがよく分かります。



 ここでは、ダイエットの基本となる目標体重の決め方摂取カロリーの決め方について説明します。




 1日、1回、あなたの応援クリックが更新の励みになります。
  ↓
 
健康ダイエット ブログランキングへ




 目標体重の決め方

 このブログを最初から読んでいただいている方は、目標体重の決め方やベスト体重の考え方などを説明しているので、このような質問の回答はすでに理解されていると思います。途中から読み始めた方は、下記ページを読んでみてください。
  ↓
 痩せるにはどうしたらいいのか


 目標体重は、BMI値が22になるように設定してください。

 理想体重(Kg)=身長(m)X身長(m)X22


 BMI値から計算した理想体重は目安でしかありません。実際には、体脂肪率が肥満のレベルにないことが必要条件ですが、あなたが最も活動しやすい体重にするのがベストです。それは、理想体重付近にある人が多いようです。




 ダイエットする時の摂取カロリー

 ダイエットする時に、どのようにして食事制限をすればいいのか、1日の摂取カロリーの計算方法をすでに説明しています。

読み直したい方は、下記ページを読んでください。
  ↓
 痩せるための食事量の決め方



 ダイエットする時の1日の摂取カロリーは、目標体重とダイエットする期間によって決まります。健康を第一に考えるなら、一気に体重を落とすべきではありません。徐々に落とすようにしてくださいね。月に5Kg以下にしましょう。




 1日、1回、あなたの応援クリックが更新の励みになります。
  ↓
 
健康ダイエット ブログランキングへ



[ 2016/01/14 15:18 ] Q&A | TB(-) | CM(0)

ダイエット 食事、カロリー計算の重要性


 ダイエットを始めようと、まずは食事制限に取り組む人がほとんどです。食事制限は食べる量を減らすだけですから、簡単に取り組めることと、早く効果が出るからでしょう。


ダイエットをした経験がある人が抱く疑問として多いのが、「ダエットを始めたもののカロリー計算が面倒なので、どうしてもカロリー計算しなければダメでしょうか。」という質問です。



 ダイエットには、食事制限が欠かせません。自分の体重をコントロールするためには、やはり食事から得られるカロリーを計算しながら食事制限する必要があります。食事制限するためのカロリー計算の重要性と簡単な計算方法を紹介します。




 1日、1回、あなたの応援クリックが更新の励みになります。
  ↓
 
健康ダイエット ブログランキングへ





 カロリー計算の重要性

 まず考えなければならないことは、食事制限だけで痩せるのは危険だということです。食事制限だけのダイエットでは、リバウンドの可能性が高くなることと、そして必要な栄養素が不足することになるので、健康にもよくありません。


まずは、運動をすることによって筋肉を減らさないようにすることが重要です。その上で、食事制限をしながら体重を減らしていくのです。それが最も効率よく痩せられる方法です。健康を損なうこともないし、きれいな身体にすることができます。


必要な栄養素を摂るために、どういう栄養素をどれくらい食べなければならないかを考えながら食事制限する必要があります。痩せるために、ただ単に食べる量を減らすというのが最も危険なダイエット法なのです。なので、食事によって得られるカロリー計算をしっかりしなければなりません。




 簡単なカロリー計算の方法

 カロリー計算の重要性が分かったと思います。しっかりとカロリー計算した方がいいのですが、そんな面倒なことをしなくても、食事制限するために利用できる便利なアイテムがあるんです。

これまでにも説明しているので、下記ページを読み直してください。
  ↓
 痩せるための食事作りに必要な食品交換表


 食品交換表を使えば、簡単に食事制限することができます。しかも、必要な栄養素が不足するなんてこともありません。ぜひ1冊買って利用してくださいね。


それも面倒だという方は、携帯できるカロリー計算機が市販されているので、それを利用するのも1つの方法です。



 きれいに痩せるためには、必要な努力を惜しんではダメです。





 1日、1回、あなたの応援クリックが更新の励みになります。
  ↓
 
健康ダイエット ブログランキングへ





[ 2016/01/13 11:31 ] Q&A | TB(-) | CM(0)

痩せる 筋トレ、ダイエットの停滞期を脱するには


 ダイエットをした経験がある人が必ずぶち当たるのがリバウンドですが、実はリバウンドする前にもうひとつ立ちはだかる壁があります。それは、ダイエットをした経験がある人が抱く、「ダエットを始めると順調に体重が減っていくのですが、ある時から急に減らなくなってしまいます。そこで挫折してしまうことが多いので、どのようにすれは下げ止まりを防げるのでしょうか。」という質問です。



 最初は順調に痩せていたのに、体重が下げ止まってしまい急に減らなくなってしまう時期停滞期と言います。なぜ停滞期が訪れるのでしょうか。そして停滞期を脱してさらに痩せるためには、どうすればいいのでしょうか。




 1日、1回、あなたの応援クリックが更新の励みになります。
  ↓
 
健康ダイエット ブログランキングへ





 ダイエットの停滞期とは

 ダイエットをしていて誰もがぶち当たるのが停滞期です。ダイエットを始めて順調に減っていた体重が急に下げ止まってしまう停滞期を上手く脱することができないために、ダイエットに挫折しリバウンドする人が少なくありません。挫折する大きな理由の1つです。


 なぜこのようなことが起きるのでしょうか。

ダイエットを始めると、最初に減るのが水分と筋肉なのです。そのため体重は順調に減少します。しかし、ある程度筋肉が減ると、筋肉の減少によって代謝が悪くなるために、体重の減少が止まってしまうのです。そして、その後体脂肪が徐々に減っていくことになるのです。


なので、脂肪の減少が始まる前に筋肉量を減らさないようなダイエットをしなければなりません。つまり、筋肉が減らないように、体脂肪を燃焼させるダイエットをしなければならないのです。




 筋肉を落とさず脂肪を燃焼させるダイエットとは

 筋肉を落とさず脂肪を燃焼させるのに最も効果があると考えられているのが有酸素運動です。ジョギングやウォーキングです。しかし、最近の研究では、有酸素運動よりも筋トレがダイエットには効果があることが分かってきました。


 これまでに説明しているので、詳しく知りたい方は、下記ページを読み直してください。
  ↓
 必ず痩せる方法、筋トレで痩せるのが最も効率が良い



 筋トレによって筋肉量を増やすと代謝がアップするので、痩せやすい身体に変わります。なので、筋肉の素である蛋白質をしっかり食べて運動することが、筋肉を落とさず脂肪を燃焼させることになるのです。食事制限するのは、炭水化物を減らすようにしてくださいね。





 1日、1回、あなたの応援クリックが更新の励みになります。
  ↓
 
健康ダイエット ブログランキングへ




[ 2016/01/12 10:55 ] Q&A | TB(-) | CM(0)

ダイエット 必ず痩せる、リバウンドせず必ず痩せる方法とは


 ダイエットにトライした経験がある方に最も多い質問は、「これまで何度かダイエットしてきましたが、最初は体重が減るのに、いつも体重が元に戻ってしまいます。ダイエットの方法に問題があるのでしょうか。」です。



 この質問に対して考えられることは、ダイエットの方法に問題があること、そして目標通り痩せてからの生活のしかたに問題があると考えられます。それでは、なぜ、せっかく痩せたのに、体重が元に戻ってしまうのでしょうか。体重を維持するためには、どうしたらよいのでしょうか。




 1日、1回、あなたの応援クリックが更新の励みになります。
  ↓
 
健康ダイエット ブログランキングへ




 なぜ体重が元に戻ってしまうのでしょうか

 ダイエットに取り組んでせっかく痩せることができたのに、体重が元に戻ってしまう原因は2つ考えられます。


 ダイエット方法が悪い

 ダイエットの知識がない方は、食事制限をして体重を減らすことしか考えていません。食べる量を減らして消費するエネルギーが食べ物から得られるエネルギーよりも多くなれば、当たり前ですが体重は減っていきます。


しかし、食事制限によって不足することになるエネルギーを補うために筋肉が使われるのです。筋肉は実はエネルギーを消費してくれる機能が高いので、筋肉量を減らしてしまうと、消費するエネルギーが減ってしまうことになるのです。


 このあたりの考え方は、これまでに説明しているので、詳しく知りたい方は、下記ページを再度読み直してください。
  ↓
 痩せるには筋トレが欠かせない


 ダイエットするのなら、食事制限といっしょにしなければならないことがあります。それは運動をすることによって、筋肉の量を減らさないことです。できれば筋肉を増やす方がいいのです。なぜかというと、筋肉が増えれば増えるほど、消費エネルギーが増えるので、痩せにくい体質に変わるからです。



ハードな運動をする必要はありません。日常生活の中で、運動する機会を増やすことです。エレベーターを使わず階段を上るとか電車やバスを使わないように、自転車や徒歩の機会を増やすなど、普段の行動を少し見直すだけで、運動する機会はいくらでも増やすことができます。工夫してみてくださいね。




 痩せた後の体重を維持するためには

 目標体重まで痩せることができたと安心して、また元のように食べたり、ぐうたらした生活に戻ってしまう人が少なくありません。そういう人は、すぐに元の体重に戻ってしまうのが当たり前です。せっかく頑張って体重を減らしたのですから、それを維持するために、ダイエットしたきた生活を続けなければなりません


食べることで得られるエネルギーと消費するエネルギーが同じであれば、体重を維持することができるのですから、それほど難しいことではありません。


できればもう一歩進めて、今よりも太りにくい体質に変えることを考えるべきです。それは、運動して筋肉を増やすことです。私はスロートレーニングをお勧めします。普段あまり運動しない人に向いていると思います。


 お勧めのスロートレーニングの教材を紹介しているので、興味がある方は、下記ページをご覧になってください。
  ↓
 スロートレーニングでダイエットする方法とは





 1日、1回、あなたの応援クリックが更新の励みになります。
  ↓
 
健康ダイエット ブログランキングへ



[ 2016/01/11 10:36 ] Q&A | TB(-) | CM(0)
人気ブログランキング
 1日、1回、あなたの応援クリックが更新の励みになります。
健康と医療 ブログランキングへ
プロフィール

diet5kilog

Author:diet5kilog
FC2ブログへようこそ!



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。