ダイエット、5キロ痩せるには

無理な食事制限をしないで、健康的に必ず5キロ痩せるダイエット法を伝授します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

痩せるために行う筋トレにはデメリットがない


 筋トレは痩せるために最も効率が良い運動です。そして筋トレをすると良いことがたくさんあります。それは筋肉がつくことで代謝が上がり太りにくい体質になることです。そして簡単に取り組めること、さらに有酸素運動のように20分以上もかける必要もありません。おまけに週に2~3回やるだけで効果があるのです。



 こんな良いところばかりの筋トレにも何か悪いことがあるのではないかと疑ってしまうのが普通です。筋トレすることにデメリットはないのでしょうか。


 

 1日、1回、あなたの応援クリックが更新の励みになります。
  ↓
 
健康ダイエット ブログランキングへ





 筋トレのデメリットとは

 これまでの説明を聞いていると、筋トレを続けなければ効果がないように思いますよね。止めると元の状態に戻るので、とにかく続けなければならないということがデメリットのように感じてしまうはずです。


ダイエットのためにきつい運動や食事制限を続けてきて、やっと痩せることができたのですから、目標を達成した後は、ノンビリしたいと思うのが人情です。



 食事制限だけのダイエットでは、脂肪と一緒に筋肉も減ってしまうので、太りやすい体質に変わります。そのため、食事制限を止めた途端にリバウンドする可能性が高くなってしまいます。そのためリバウンドする人が多いのも事実です。


有酸素運動だけで痩せた場合も、止めてしまうと食事制限の場合ほど顕著ではないものの、やはりリバウンドする可能性があるのです。それは遅筋が大きくなり速筋が小さくなるので、止めてしまうと代謝が落ちてしまうからです。


しかし筋トレを止めてもリバウンドすることはありません。筋トレを始める前よりも筋肉が増え代謝が上がっていますから、たとえ筋トレを止めたところで元の状態に戻るだけなのです。なので、止めたからといって太りやすい体質に変わることはありません。



 止めても元の状態に戻るだけなので、やって損することがないのです。これが筋トレの良いところです。良いことずくめですよね。


 まさに筋トレのメリットは、デメリットがないことです。




 1日、1回、あなたの応援クリックが更新の励みになります。
  ↓
 
健康ダイエット ブログランキングへ



関連記事
スポンサーサイト
[ 2015/09/30 08:54 ] 確実に痩せる運動 | TB(-) | CM(0)

痩身を維持するための筋トレとは


 すぐ痩せる方法として、RIZAP(ライザップ)のようなプライベートジムに通うにしても、筋トレの効果が出るまでには、最低でも3ヶ月は必要です。週2~3回の筋トレを3ヶ月続けると、15~20%くらい筋肉が増加します。もっと増加させたい場合は、さらに筋トレを続けなければなりません。



 筋トレを続けて筋肉が増加し基礎代謝が増えるので、カロリー制限の効果も合わさって、目標体重まで痩せることができます。目標体重まで痩せることができたので、筋トレを止めてしまうと、どのようなことになるのでしょうか。



 太りにくい体質を維持するためには、筋肉量を減らしてはいけません。筋肉の量を維持するために何をすればいいのでしょうか。今までと同じように筋トレを続ける必要があるのでしょうか。




 1日、1回、あなたの応援クリックが更新の励みになります。
  ↓
 
健康ダイエット ブログランキングへ





 一度ついた筋肉を維持することは難しくない

 目標体重まで痩せることができたからと筋トレを止めてしまう人がいます。すると、その日から筋肉の減少が始まってしまいます。なので、筋トレをパタリと止めてしまうのはダメです。筋トレのペースを落とすことは差し支えありません。


筋肉を維持するために筋トレを週1回でいいですから続けてください。そうすれば、筋肉が増えることはありませんが、減ることもなく維持できます。現状の筋肉量を維持するためには、週1回は筋トレを続ける必要があるのです。


筋トレをパタリと止めてしまうと、3ヶ月もすると元の状態に戻ってしまいます。しかし、筋トレを長く続ければ続けるだけ筋肉の衰えるスピードが遅くなります。1年間続けたくらいでは、あまり変わりがないようですが、5年~10年続けると、その後パタリと止めても1年くらいで元に戻ることはないそうです。太りにくい体質が、そのまま維持されるのです。


10年続けた後止めても筋肉を維持し続けられるかというと、そういうことはありません。やはり継続しなければ衰えていくのは間違いないようです。なので、筋肉が付いた後も週1回の筋トレを継続することが大事です。


やはり継続は力なりですから、太りにくい体質を維持し、スリムナ身体を維持するために筋トレを続けてくださいね。





 1日、1回、あなたの応援クリックが更新の励みになります。
  ↓
 
健康ダイエット ブログランキングへ




関連記事
[ 2015/09/29 09:58 ] 確実に痩せる運動 | TB(-) | CM(0)

短期間で痩せるには、この方法しかない


 カロリー制限をして短期で痩せる方法でダイエットすると筋肉が減少するだけでなく、ビタミンやミネラルなどの栄養素が不足し、体調を崩してしまうことがよくあります。その後、ダイエットを止めてしまうと、途端にリバウンドが始まります。


なので、すぐに痩せるダイエットを望むのなら、カロリー制限しながら筋トレし、さらに有酸素運動を同時にやらなければなりません。かなりハードなトリーニングが必要ですが、リバウンドを心配することもないし、きれいに痩せることができます。


ただ、問題は一人で行うことはとても難しいことです。それでは、どのようにすればいいのでしょうか。実際に3ヶ月間で理想の身体を手に入れた私の友人がやった方法を紹介します。




 1日、1回、あなたの応援クリックが更新の励みになります。
  ↓
 
健康ダイエット ブログランキングへ




 それは、今話題になっている

 個室プライベートジム RIZAP(ライザップ)
 です。





 個室プライベートジム【RIZAP】の特徴は、

専属のトレーナーがついてマンツーマンのトレーニングができるので、トレーナーと相談しながら週に2回のトレーニングと食事指導で、ダイエットトレーニングを行います。週に2回なので、きついトレーニングもなんとかやれたそうです。


それよりも、やはり食事の量が少ないので、慣れるのに時間がかかったようです。


きついトレーニングと食事制限をクリアすれば、本当に思っていた通りの身体にすることができます。但し、その身体を維持するには、維持のしかたが分からないので、その後も半年ほど通ったようです。


 短期間で、これだけのトレーニングを一人でするのは、とても難しいでしょう。しかし、短期間できれいに痩せようと思ったら、これしか方法がないのも事実です。自分一人でやれる精神力がある人は、もちろん関係ありません。


ただ問題なのは、やはりジムに通う費用が高いことです。理想に近い身体を手に入れた後も維持費がある程度必要なので、そのあたりを覚悟しておかないと続けられないみたいです。



 私の友人は、短期間で痩せたかったのでジムを使いました。かなりのお金がかかりましたが、結果的に良かったと言っていました。なぜかというと、久しぶりに会う人にきれいになったと驚かれるのが嬉しいんだそうです。その後も、身体を維持するために頑張ってます。



 短期間で痩せたいという人は、まずは無料カウンセリングを受けてみてください。
  ↓
 個室プライベートジム RIZAP(ライザップ)

 




 1日、1回、あなたの応援クリックが更新の励みになります。
  ↓
 
健康ダイエット ブログランキングへ





 特定商取引に関する法律に基づく表示は、こちら
  ↓
 http://diet5kilog.blog.fc2.com/blog-entry-96.html


関連記事
[ 2015/09/28 11:01 ] 確実に痩せる運動 | TB(-) | CM(0)

一番痩せる運動、筋トレは有酸素運動の効果を加速させる


 痩せるためには、筋トレが最も効率のよい運動だということが分かりました。つまり、筋トレを続けることが絶対痩せる方法だと言えるでしょう。


筋トレだけで短期間で痩せることはできませんが、続けていれば1年もしないうちに3キロ痩せたなんてことが現実になります。



 それでは、筋トレを続けると、どのくらいで効果が現れるのでしょうか。





 1日、1回、あなたの応援クリックが更新の励みになります。
  ↓
 
健康ダイエット ブログランキングへ




 筋トレすれば、すぐに代謝が上がる

 アメリカのある研究室での実験によると、筋トレした直後に代謝が上がり6時間から48時間持続したという実験結果が報告されています。筋トレによって代謝が上昇している間は、糖と脂肪が消費される比率が、通常の5対5から、4対6あるいは3対7まで変化することも分かっています。


これは筋肉を刺激することによって、交感神経が活性化し、筋肉が発熱することで一時的に代謝が上がるからだと考えられています。さらに、脂肪を分解する作用がある成長ホルモンやアドレナリンが分泌されることも分かっています。これらの作用が続くことによって、脂肪の消費が促されるようです。


 筋トレはいいことばかりなのですが、筋トレを続けなければ、これらの効果が持続することはありません。実際に筋肉量が増えるまでには3ヶ月くらいはかかるそうです。なので、筋トレを始めるのであれば、最低でも3ヶ月以上は続けないと効果を自覚することができません。そうして続けていると、筋肉が増えて代謝が上がるので、太りにくい体質に変わっていきます。




 筋トレは有酸素運動の効果も上げる

 本当に痩せようと思えば、脂肪を燃焼させることによって、体重を減らさなければなりません。脂肪を燃焼させるには、やはり有酸素運動が最も効率が良いことを以前に説明しました。


日常の生活の中で、できるだけ階段を使ったり掃除を念入りにしたりなど、日常生活での負荷を上げる工夫をしている方が、筋トレを行うと筋肉量が増えるので、脂肪も燃焼しやすい状況になっています。


さらに脂肪を燃焼させるペースを上げたいのであれば、筋トレによって筋肉量が増加してから、ジョギングやウォーキングなどの有酸素運動を追加することをお勧めします。筋トレした後に、ジョギングやウォーキングをすると、脂肪がより効率的に燃焼してくれるのです。


ここで断っておきますが、有酸素運動をしてから筋トレをするのは止めてください。筋トレをしてから有酸素運動する方が、分泌されるホルモンの量が増えるので効果があるからです。せっかくダイエットしようと努力してもムダになっては意味がないですからね。



 しつこいようですが、筋トレの後でジョギングやウォーキングなどの有酸素運動をすると脂肪の燃焼が効率よくおこなわれます。なので、慣れてくれば筋トレの後に有酸素運動をするようにしてくださいね。それが痩せるジョギング、ウォーキングになるのです。






 1日、1回、あなたの応援クリックが更新の励みになります。
  ↓
 
健康ダイエット ブログランキングへ



関連記事
[ 2015/09/26 09:01 ] 確実に痩せる運動 | TB(-) | CM(0)

必ず痩せる方法、筋トレで痩せるのが最も効率が良い

 
 有酸素運動だけで痩せようとするのは、とても効率がよくないダイエット法だということが分かったと思います。


最近、身体がなまってきたので少し鍛えなければと考えた時に、ジョギングや縄跳び、あるいはウォーキングなどの有酸素運動を思いつく人が多いと思います。筋トレから始めようと思う人は、ほとんどいないと思います。


なぜかというと、筋トレというのはスポーツ選手やマニアックな人がやるものだと思っている人が多いからです。しかし、普段あまり運動していない人や運動が得意でない人こそ、筋トレをすべきなのです。



 それでは、なぜ筋トレがダイエットに効果があるのでしょうか。




 1日、1回、あなたの応援クリックが更新の励みになります。
  ↓
 
健康ダイエット ブログランキングへ





 筋トレは太りにくい体質にしてくれる

 筋肉には遅筋と速筋の2種類あって、速筋は我々が活動していないときでもエネルギーを消費し熱を発生させてくれると説明しました。速筋がしっかりと働いてくれるとエネルギーをしっかりと消費してくれます。なので、速筋を鍛えれば鍛えるほど基礎代謝が上がります。


速筋を鍛えるには、筋トレしかありません。有酸素運動では遅筋を鍛えることができても速筋を鍛えることができないのです。ということで、筋トレによって速筋を鍛えることがダイエットに繋がるということなのです。



 しかも筋トレは時間と場所を取りません。最低でも20分以上は運動しないと効果が出ない有酸素運動と違って、ちょっとした空き時間に簡単にできるという利点があります。なので、普段運動をしていない人でも取り組みやすいのです。


ただ、1日にこれだけの筋トレをしたから、これくらいの効果があるというのは、まだ分かっていないので、最低15分くらいはした方がいいそうです。


私の場合、1回に50回くらいのスクワットを続けていますが、5~10分くらいの時間でしかありませんが、1ヶ月もすれば筋肉がついているのがハッキリと分かりました。見た目がまったく違ってきます。あまりムキムキになるのが嫌な方は、腹筋や背筋を鍛える方がいいかもしれませんね。




 筋トレで速筋を鍛えると筋肉の質が変わる

 速筋を筋トレで鍛えると白い色からピンク色に変わってきます。これは速筋が遅筋(赤色)に近付いていることを意味します。つまり速筋は鍛えられて、速筋の性質を持ったまま遅筋の性質まで加わってくるということです。


つまり、速筋を筋トレで鍛えると、じっとしていてもエネルギーを消費してくれる上に、活動している時も脂肪を燃焼させる機能が加わるので、より太りにくい体質になるのです。



 ちょっとした空き時間を見つけて、簡単にできる筋トレをするようにしましょう。
それが習慣になれば、太りにくい体質に変わります。これが最も無理なく痩せる方法だと考えています。





 1日、1回、あなたの応援クリックが更新の励みになります。
  ↓
 
健康ダイエット ブログランキングへ




関連記事
[ 2015/09/25 10:44 ] 確実に痩せる運動 | TB(-) | CM(0)

痩せる運動、有酸素運動だけでは痩せられない


 ダイエットのために効果的に痩せる運動は何かと質問すれば、たいていの人が、ジョギングやウォーキングなどの有酸素運動が良いと答えます。


それは長い間、有酸素運動がダイエットに最適な運動だと信じられてきたからです。しかし、最近になってやっと筋トレの効果が知られるようになってきました。それに有酸素運動だけでは痩せることが難しいことが分かってきたので、ました。


 それでは、なぜ有酸素運動だけでは痩せることが難しいのでしょうか。筋トレが痩せるのにどれほどの効果があるのでしょうか。




 1日、1回、あなたの応援クリックが更新の励みになります。
  ↓
 
健康ダイエット ブログランキングへ





 有酸素運動だけで痩せるのは効率が悪い

 運動することによって脂肪を燃焼させてくれるのは有酸素運動だけです。有酸素運動は運動中のエネルギーとして脂肪を使います。しかし、筋トレのような無酸素運動のエネルギー源は糖質100%です。このことから、有酸素運動がダイエットに効果がある運動だと言われるようになりました。


ところが有酸素運動をしていれば脂肪がどんどん減少するというわけではありません。1時間のウォーキングで消費されるエネルギーは100~150Kcalだと言われています。それで燃焼される脂肪はたったの10gでしかありません。1年間毎日続けてやっと3.5Kg痩せることができるくらいですから、続けなければ効果がないのです。


1時間のジョギングで消費されるエネルギーは300~400Kcalです。3日に一度1時間以上続けると、1年で3.5Kg痩せることができる計算になります。しかし1年間続けると言うのは、なかなか難しいですよね。




 効率よくできる有酸素運動とは

 しかし、心配することはありません。
わざわざジョギングやウォーキングなど、特別な有酸素運動をしなくても、もっと効率的に有酸素運動ができる方法があるんです。それは日常生活の動きです。日常の活動はほとんどが有酸素運動なんです。だから、特別な運動をする必要なんてないのです。


エレベーターを使わずに階段を使ったり、掃除を念入りにしたり、普段の生活で運動する強度を上げてやればいいだけなのです。ジョギングやウォーキングを始めても3日坊主で終わってしまったのでは何もなりません。


それよりも、通勤時に余計に歩いたり、買い物は自転車を止めて歩くなど、普段の生活の中でできる事を工夫しましょう。日常生活で負荷をかけてやる方が、無理することもないので長続きします。特別な運動なしで痩せる最も良い方法だと思います。




 1日、1回、あなたの応援クリックが更新の励みになります。
  ↓
 
健康ダイエット ブログランキングへ




関連記事
[ 2015/09/24 10:45 ] 確実に痩せる運動 | TB(-) | CM(0)

筋肉 痩せる、動かなくてもエネルギーを消費してくれる筋肉とは


 痩せるためには運動をしなければなりません。運動をして筋肉を強くしなければなりません。いきなり有酸素運動をするよりも、筋トレをして筋肉を鍛えてやることの方が、最も効率的で簡単なダイエット運動なのです。


そのために、どのような筋トレをすればいいのか知りたいですよね。しかし、その前に、なぜ筋トレが最も良いのかを理論的に理解しておく必要があります。



 筋肉というのは、身体の中でどのような役割を持っているのでしょうか。それが分かれば、筋トレの大切さが分かると思います。




 1日、1回、あなたの応援クリックが更新の励みになります。
  ↓
 
健康ダイエット ブログランキングへ




 
 筋肉が果たしている役割とは

筋肉には4つの役割があります。それは次の4つです。

1.筋肉は動きの源である

 筋肉があるから、我々は走ったり、歩いたり、スポーツしたり、あるいは生活していく上で必要な動きを行うことができます。当たり前のことですよね。病気などで寝たきりの生活を1ヶ月も続けると、歩くことさえできなくなってしまいます。筋肉を毎日使うから動くことができるということなんです。


2.筋肉は熱源となっている

 我々は動くことで、筋肉は熱を発生します。その熱によって体温を維持しています。人間が恒温動物だと言われるのは、あまり体温が変わらないからです。寝ている時でも筋肉が熱を発生しているので、体温が維持されるのです。筋肉は動かなくても熱を発生しています。


3.循環を補助している

 筋肉の収縮と弛緩によるポンプ作用によって、血液の循環を助ける働きをしています。血液は心臓の力だけで循環しているわけではないのです。


4.筋肉は身体を保護している

 筋肉は身体の外からの衝撃を吸収することで骨や内臓を守ってくれます。スポーツ選手が筋肉を鍛えるのは、瞬発力や持続力を高めるだけではありません。ハードな状況で身体を保護するためでもあるのです。




 すべての筋肉が熱を発するわけではない

 ダイエットをするうえで重要な筋肉の役割は、筋肉が熱源であるということです。しかも、筋肉を動かさなくても熱を発してくれるのですから、ダイエットするために筋肉が存在していると言っても言い過ぎではありません。


ただ問題なのは、すべての筋肉が熱を発してくれるわけではありません。
筋肉には速筋と遅筋の2種類あります。遅筋は活動すると熱を出しますが、活動しないときはムダな熱を出すことはありません。


しかし、速筋は日常使うことはない筋肉で、いざという時に力を発揮してくれます。力は大きいのですがスタミナがありません。速筋は動いていないときでも、エネルギーを使って熱を作ってくれます。この速筋のおかげで体温を維持することができるのです。運動しないで痩せることができるのは速筋のおかげなのです。



 速筋の中でも遅筋よりの性格を持ったものが最も熱を出してくれることがわかっています。加齢によって筋肉が減少しますが、遅筋よりも速筋が衰える傾向が強いそうです。なので、年をとるほど基礎代謝が落ちやすいということになるのです。

 
つまり、運動で痩せるためには速筋を鍛えなければならないのです。速筋は有酸素運動で鍛えることができません。なので筋トレで速筋を鍛えることが最も効率よく痩せられるということです。




 1日、1回、あなたの応援クリックが更新の励みになります。
  ↓
 
健康ダイエット ブログランキングへ





関連記事
[ 2015/09/23 11:09 ] 確実に痩せる運動 | TB(-) | CM(0)

痩せるには筋トレが欠かせない


 あなたは5キロ痩せる方法として食事療法だけを考えていませんか。食事制限だけでも痩せることはできますが、リバウンドしたり体調を崩すなど問題が出てくることも事実です。それ以外にも考えなければならないことがあります。


 ダイエットの3大原則をご存知でしょうか。3大原則に則ってダイエットを行うことによって、健康できれいに痩せることができるんです。ダイエットの3大原則について説明していきます。





 1日、1回、あなたの応援クリックが更新の励みになります。
  ↓
 
健康ダイエット ブログランキングへ




 
 ダイエットの3大原則とは

 食事制限、有酸素運動、筋トレがダイエットの3大原則です。ダイエットを成し遂げるためには、食事制限、有酸素運動、そして筋トレを行う必要があるということです。運動せずに痩せることはできないというよりもやってはいけないのです。



食事制限は割と簡単に取り組むことができるので、実施することに問題はほとんどないと思います。しかし、有酸素運動や筋トレを普段していない人にとっては、とてもハードルの高いことかもしれません。運動しないで痩せる方法がないか探している人も少なくありません。



実際問題、これらを同時並行的にやろうとしてもできなくて挫折してしまう人が多いのです。最初から頑張りすぎて挫折してしまい、リバウンドするというのが一般的な挫折のパターンです。なので、痩せるには運動をしなければならないのです。



 ダイエットに取り組む上で最も大事なことは、挫折することなく続けることです。それでは、どのようにしてダイエットの3大原則を行っていけばいいのでしょうか。




 ダイエットはできることから始めること

 ダイエットの理想的な形は、自然に体脂肪が落ちて、なおかつ健康になることです。なので、最初から無理しないことです。できる事から始めましょう。そして1つのことができてから、新しいとりくみを1つ加えていくと言うのが、無理なくダイエットを続けていくコツです。


ダイエットの3大原則のうち、食事制限はそれほど無理しなくてもできるはずです。次に筋トレと有酸素運動のどちらに取り組めばいいのかというと、筋トレです。筋トレなんか普段やっていないのに、どうやっていいのか分からないと言う人もいるでしょう。有酸素運動である散歩の方が取り組みやすいという人も少なくないと思います。


しかし、ここは筋トレから始めてもらいたいと思います。なぜかと言うと、筋トレが一番取り組みやすいからです。筋トレと言ってもあなたが想像しているような筋トレではありません。



 我々が元気に日常生活を送ることができるのも、あるいはジョギングなどの有酸素運動ができるのも筋肉がしっかり働いてくれるからです。いきなり有酸素運動するよりもを日常生活で使う筋肉を鍛えてやる方が手っ取り早いということです。そうして鍛えてから、有酸素運動をする方が無理がないし、有酸素運動の効果も上がるのです。


有酸素運動から始めて膝や腰を痛めて続けられないなんてことがないように、日常生活の中で使う筋肉をまずトレーニングしてやる方が無駄がありません。とても効率的で簡単なダイエット運動だと言えます。


 どのようにして日常生活の中で使う筋肉をトレーニングすればいいのかは、次回以降に説明します。お楽しみに。





 1日、1回、あなたの応援クリックが更新の励みになります。
  ↓
 
健康ダイエット ブログランキングへ




関連記事
[ 2015/09/22 11:00 ] 確実に痩せる運動 | TB(-) | CM(0)
人気ブログランキング
 1日、1回、あなたの応援クリックが更新の励みになります。
健康と医療 ブログランキングへ
プロフィール

diet5kilog

Author:diet5kilog
FC2ブログへようこそ!



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。