ダイエット、5キロ痩せるには

無理な食事制限をしないで、健康的に必ず5キロ痩せるダイエット法を伝授します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ホットヨガダイエット、ホットヨガで痩せるなら人気スタジオで


 女性の間でヨガが人気です。ヨガスタジオも増えているので、ヨガを始めたいと思っている女性も多いようです。しかし、ヨガで本当に痩せられるのか疑問に思っている人も少なくないようです。



 今日は、ホットヨガのスタジオに通っている友人に、ホットヨガの効果について聞いてきたので紹介します。

 集団行動が苦手なので二の足を踏んでいたのですが、合わなければ辞めればいいと気軽に考えてチャレンジしました。 しかし、心配することはありませんでした。居心地はよかったです。

やり始めると、今までに味わったことがないような汗のかき方が気持ちよくて、楽しくて仕方がありません。 週に4,5回も通うほどはまってしまったという感じです。


もともとダイエットが目的ではなく、リフレッシュするためにホットヨガに通い始めたので、食生活は変えていないのに、体重が1ヶ月で1.5キロ減り、体脂肪も2%落ちました

お化粧をしなくても、素っぴんでも肌が輝いてると友達に驚かれます。背中のお肉がとれて、二の腕もスッキリしました。マツエクが取れやすいくらいで、私にはメリットしかありません。




 まだ疑問に感じている人は、とにかく体験レッスンを受けることをお勧めします。

 私がお勧めするのは、 

 lava.jpg

 ホットヨガスタジオLAVA です。



 なぜ、LAVAをお勧めするのかというと、全国チェーンなので、たくさんお店があり、通っている方もたくさんいること、女性だけでレッスンできるからです。さらに、1レッスン60分の初心者向けのコースが1000円で受けられるからです。



 ホットヨガスタジオLAVAに興味がある方は、こちらからどうぞ。
  ↓
  ホットヨガスタジオLAVA

 ヨガ




 1日、1回、あなたの応援クリックが更新の励みになります。
  ↓
 
健康ダイエット ブログランキングへ





 特定商取引に関する法律に基づく表示は、こちら
  ↓
 http://diet5kilog.blog.fc2.com/blog-entry-96.html



関連記事
[ 2016/01/16 14:37 ] ヨガ ダイエット | TB(-) | CM(0)

ストレス 痩せる、食事制限によるストレスを抑える方法


 ダイエットするために重要なことは、運動することと食事制限です。運動を続けることも大変ですが、食事制限を続けるにも大きな壁が立ちはだかっています。食事制限なんて食べる量をへらすだけだから簡単だろうと思っている方も少なくないでしょう。 


しかし現実は、それほど甘くはありません。ダイエットに挫折する大きな原因の1つが食事制限を続けることによって生じるストレスに耐えられないことなのです。そういう人からいただく質問は、「食事制限をしているとストレスがたまり、どうしても食欲を抑えることができなくなることがあります。食欲をコントロールする方法はないのでしょうか。」というものです。



 今日は、食欲というストレスを抑える方法を紹介します。




 1日、1回、あなたの応援クリックが更新の励みになります。
  ↓
 
健康ダイエット ブログランキングへ





 ストレスにならない食事のしかた

 太っている人は基本的に食べることが大好きです。お腹いっぱい食べることでストレすを発散している人も多いようです。そういう人がダイエットのために食事制限するのですから、お腹いっぱい食べることができないことがストレスになってしまういます。


慣れるしかないのですが、食事のしかたを工夫することでストレスをコントロールしましょう。これまでに説明している記事があるので読んでみてください。


この質問に対する回答として参考になると思います。
  ↓
 健康的に痩せるための3食のバランスは



 ストレスを抑える方法

 それでもストレスを感じる場合は、スポーツをしたり身体を動かすとストレス解消につながるので、自分の好きなスポーツをするようにしましょう。ジムに通うのもいいでしょう。あるいは散歩から始めてジョギングなどに挑戦するのもいいと思います。


あるいは趣味に熱中するのもいいですね。カラオケなどは大きな声を出すことでストレスが発散できます。何か好きなことに熱中していると、嫌なことも忘れるので、何か趣味を持つようにしてくださいね。


それでも足りない場合には、ダイエットの休日を設けましょう。ダイエットをお休みする日ですから、この日は好きな物を食べてもいい日です。好きな物を食べるのはいいのですが、お腹いっぱい食べることがないようにコントロールしなければなりません。


ヘタをすると、ダイエットの休日がきっかけとなって、ダイエットは止めたということになってしまうので、あまりお勧めの方法ではありません。


それよりも、どうしても食欲を抑えることができない時には、食欲を抑制するサプリメントを利用する方がいいかもしれませんね。

 食欲を抑制するサプリメントについては、次の記事を読んで参考にしてください。
  ↓
 知っておきたいダイエットサプリの種類と機能





 1日、1回、あなたの応援クリックが更新の励みになります。
  ↓
 
健康ダイエット ブログランキングへ


関連記事
[ 2016/01/15 11:30 ] Q&A | TB(-) | CM(0)

痩せる カロリー、ダイエットに必要な1日の摂取カロリー


 痩せたいあるいは痩せなければと思ってダイエットに取り組んでいる人がたくさんいます。しかし、何時までにどれくらい体重を減らすのか具体的な目標を持って取り組んでいる人は、とても少ないのが実情です。


痩せていれば格好いいしきれいだから・・・と漠然とダイエットに取り組む人が多いようです。それでは上手く行くはずがありません。それは、何時までにどこまで痩せればいいのか、というダイエットの基本的な考え方を理解していないからだと思います。



 「1日の摂取カロリーはどれくらいにすればいいのでしょうか。」というのが実際にダイエットしている方に多い質問なのです。この質問から何時までにどれくらい体重を減らしたいのか理解していない人が多いということがよく分かります。



 ここでは、ダイエットの基本となる目標体重の決め方摂取カロリーの決め方について説明します。




 1日、1回、あなたの応援クリックが更新の励みになります。
  ↓
 
健康ダイエット ブログランキングへ




 目標体重の決め方

 このブログを最初から読んでいただいている方は、目標体重の決め方やベスト体重の考え方などを説明しているので、このような質問の回答はすでに理解されていると思います。途中から読み始めた方は、下記ページを読んでみてください。
  ↓
 痩せるにはどうしたらいいのか


 目標体重は、BMI値が22になるように設定してください。

 理想体重(Kg)=身長(m)X身長(m)X22


 BMI値から計算した理想体重は目安でしかありません。実際には、体脂肪率が肥満のレベルにないことが必要条件ですが、あなたが最も活動しやすい体重にするのがベストです。それは、理想体重付近にある人が多いようです。




 ダイエットする時の摂取カロリー

 ダイエットする時に、どのようにして食事制限をすればいいのか、1日の摂取カロリーの計算方法をすでに説明しています。

読み直したい方は、下記ページを読んでください。
  ↓
 痩せるための食事量の決め方



 ダイエットする時の1日の摂取カロリーは、目標体重とダイエットする期間によって決まります。健康を第一に考えるなら、一気に体重を落とすべきではありません。徐々に落とすようにしてくださいね。月に5Kg以下にしましょう。




 1日、1回、あなたの応援クリックが更新の励みになります。
  ↓
 
健康ダイエット ブログランキングへ



関連記事
[ 2016/01/14 15:18 ] Q&A | TB(-) | CM(0)

ダイエット 食事、カロリー計算の重要性


 ダイエットを始めようと、まずは食事制限に取り組む人がほとんどです。食事制限は食べる量を減らすだけですから、簡単に取り組めることと、早く効果が出るからでしょう。


ダイエットをした経験がある人が抱く疑問として多いのが、「ダエットを始めたもののカロリー計算が面倒なので、どうしてもカロリー計算しなければダメでしょうか。」という質問です。



 ダイエットには、食事制限が欠かせません。自分の体重をコントロールするためには、やはり食事から得られるカロリーを計算しながら食事制限する必要があります。食事制限するためのカロリー計算の重要性と簡単な計算方法を紹介します。




 1日、1回、あなたの応援クリックが更新の励みになります。
  ↓
 
健康ダイエット ブログランキングへ





 カロリー計算の重要性

 まず考えなければならないことは、食事制限だけで痩せるのは危険だということです。食事制限だけのダイエットでは、リバウンドの可能性が高くなることと、そして必要な栄養素が不足することになるので、健康にもよくありません。


まずは、運動をすることによって筋肉を減らさないようにすることが重要です。その上で、食事制限をしながら体重を減らしていくのです。それが最も効率よく痩せられる方法です。健康を損なうこともないし、きれいな身体にすることができます。


必要な栄養素を摂るために、どういう栄養素をどれくらい食べなければならないかを考えながら食事制限する必要があります。痩せるために、ただ単に食べる量を減らすというのが最も危険なダイエット法なのです。なので、食事によって得られるカロリー計算をしっかりしなければなりません。




 簡単なカロリー計算の方法

 カロリー計算の重要性が分かったと思います。しっかりとカロリー計算した方がいいのですが、そんな面倒なことをしなくても、食事制限するために利用できる便利なアイテムがあるんです。

これまでにも説明しているので、下記ページを読み直してください。
  ↓
 痩せるための食事作りに必要な食品交換表


 食品交換表を使えば、簡単に食事制限することができます。しかも、必要な栄養素が不足するなんてこともありません。ぜひ1冊買って利用してくださいね。


それも面倒だという方は、携帯できるカロリー計算機が市販されているので、それを利用するのも1つの方法です。



 きれいに痩せるためには、必要な努力を惜しんではダメです。





 1日、1回、あなたの応援クリックが更新の励みになります。
  ↓
 
健康ダイエット ブログランキングへ





関連記事
[ 2016/01/13 11:31 ] Q&A | TB(-) | CM(0)

痩せる 筋トレ、ダイエットの停滞期を脱するには


 ダイエットをした経験がある人が必ずぶち当たるのがリバウンドですが、実はリバウンドする前にもうひとつ立ちはだかる壁があります。それは、ダイエットをした経験がある人が抱く、「ダエットを始めると順調に体重が減っていくのですが、ある時から急に減らなくなってしまいます。そこで挫折してしまうことが多いので、どのようにすれは下げ止まりを防げるのでしょうか。」という質問です。



 最初は順調に痩せていたのに、体重が下げ止まってしまい急に減らなくなってしまう時期停滞期と言います。なぜ停滞期が訪れるのでしょうか。そして停滞期を脱してさらに痩せるためには、どうすればいいのでしょうか。




 1日、1回、あなたの応援クリックが更新の励みになります。
  ↓
 
健康ダイエット ブログランキングへ





 ダイエットの停滞期とは

 ダイエットをしていて誰もがぶち当たるのが停滞期です。ダイエットを始めて順調に減っていた体重が急に下げ止まってしまう停滞期を上手く脱することができないために、ダイエットに挫折しリバウンドする人が少なくありません。挫折する大きな理由の1つです。


 なぜこのようなことが起きるのでしょうか。

ダイエットを始めると、最初に減るのが水分と筋肉なのです。そのため体重は順調に減少します。しかし、ある程度筋肉が減ると、筋肉の減少によって代謝が悪くなるために、体重の減少が止まってしまうのです。そして、その後体脂肪が徐々に減っていくことになるのです。


なので、脂肪の減少が始まる前に筋肉量を減らさないようなダイエットをしなければなりません。つまり、筋肉が減らないように、体脂肪を燃焼させるダイエットをしなければならないのです。




 筋肉を落とさず脂肪を燃焼させるダイエットとは

 筋肉を落とさず脂肪を燃焼させるのに最も効果があると考えられているのが有酸素運動です。ジョギングやウォーキングです。しかし、最近の研究では、有酸素運動よりも筋トレがダイエットには効果があることが分かってきました。


 これまでに説明しているので、詳しく知りたい方は、下記ページを読み直してください。
  ↓
 必ず痩せる方法、筋トレで痩せるのが最も効率が良い



 筋トレによって筋肉量を増やすと代謝がアップするので、痩せやすい身体に変わります。なので、筋肉の素である蛋白質をしっかり食べて運動することが、筋肉を落とさず脂肪を燃焼させることになるのです。食事制限するのは、炭水化物を減らすようにしてくださいね。





 1日、1回、あなたの応援クリックが更新の励みになります。
  ↓
 
健康ダイエット ブログランキングへ




関連記事
[ 2016/01/12 10:55 ] Q&A | TB(-) | CM(0)

ダイエット 必ず痩せる、リバウンドせず必ず痩せる方法とは


 ダイエットにトライした経験がある方に最も多い質問は、「これまで何度かダイエットしてきましたが、最初は体重が減るのに、いつも体重が元に戻ってしまいます。ダイエットの方法に問題があるのでしょうか。」です。



 この質問に対して考えられることは、ダイエットの方法に問題があること、そして目標通り痩せてからの生活のしかたに問題があると考えられます。それでは、なぜ、せっかく痩せたのに、体重が元に戻ってしまうのでしょうか。体重を維持するためには、どうしたらよいのでしょうか。




 1日、1回、あなたの応援クリックが更新の励みになります。
  ↓
 
健康ダイエット ブログランキングへ




 なぜ体重が元に戻ってしまうのでしょうか

 ダイエットに取り組んでせっかく痩せることができたのに、体重が元に戻ってしまう原因は2つ考えられます。


 ダイエット方法が悪い

 ダイエットの知識がない方は、食事制限をして体重を減らすことしか考えていません。食べる量を減らして消費するエネルギーが食べ物から得られるエネルギーよりも多くなれば、当たり前ですが体重は減っていきます。


しかし、食事制限によって不足することになるエネルギーを補うために筋肉が使われるのです。筋肉は実はエネルギーを消費してくれる機能が高いので、筋肉量を減らしてしまうと、消費するエネルギーが減ってしまうことになるのです。


 このあたりの考え方は、これまでに説明しているので、詳しく知りたい方は、下記ページを再度読み直してください。
  ↓
 痩せるには筋トレが欠かせない


 ダイエットするのなら、食事制限といっしょにしなければならないことがあります。それは運動をすることによって、筋肉の量を減らさないことです。できれば筋肉を増やす方がいいのです。なぜかというと、筋肉が増えれば増えるほど、消費エネルギーが増えるので、痩せにくい体質に変わるからです。



ハードな運動をする必要はありません。日常生活の中で、運動する機会を増やすことです。エレベーターを使わず階段を上るとか電車やバスを使わないように、自転車や徒歩の機会を増やすなど、普段の行動を少し見直すだけで、運動する機会はいくらでも増やすことができます。工夫してみてくださいね。




 痩せた後の体重を維持するためには

 目標体重まで痩せることができたと安心して、また元のように食べたり、ぐうたらした生活に戻ってしまう人が少なくありません。そういう人は、すぐに元の体重に戻ってしまうのが当たり前です。せっかく頑張って体重を減らしたのですから、それを維持するために、ダイエットしたきた生活を続けなければなりません


食べることで得られるエネルギーと消費するエネルギーが同じであれば、体重を維持することができるのですから、それほど難しいことではありません。


できればもう一歩進めて、今よりも太りにくい体質に変えることを考えるべきです。それは、運動して筋肉を増やすことです。私はスロートレーニングをお勧めします。普段あまり運動しない人に向いていると思います。


 お勧めのスロートレーニングの教材を紹介しているので、興味がある方は、下記ページをご覧になってください。
  ↓
 スロートレーニングでダイエットする方法とは





 1日、1回、あなたの応援クリックが更新の励みになります。
  ↓
 
健康ダイエット ブログランキングへ



関連記事
[ 2016/01/11 10:36 ] Q&A | TB(-) | CM(0)

ダイエット ウエスト、ウエストを細くするヨガのエクササイズ


 お腹周りがすっきりしたとしても気になるのがウエストです。モデルのようにウエストが細く締まっている体型に憧れている人は少なくありません。ウエストが細くしまっていれば、他の部分が多少太っていても、胸やお尻が大きく見えるだけでなく、美しく感じられるからでしょう。



 ヨガにもウエストを細くするエキササイズがあります。どのようなものなのか紹介したいと思います。




 1日、1回、あなたの応援クリックが更新の励みになります。
  ↓
 
健康ダイエット ブログランキングへ





 ウエストを細くするには内臓の下垂を治すこと

 加齢や運動不足のために、内臓を保持している筋肉や内臓の細胞の弾力性がなくなり収縮力が衰えると内臓が下垂しウエストが太くなってしまいます。なので、ウエストを細くするためには、内臓の下垂を治さなければならないのです。


内臓の下垂を治すのに最も効果があるのは、これまでに何度も紹介している瞑想呼吸です。内臓が上に持ち上がるイメージを持ちながら、臍下丹田に意識を集中して瞑想呼吸してください。そして、ウエストをねじるポーズを行うことで、ウエストまわりの贅肉が取れ、内臓の下垂が改善されます。




 ウエストを細くするヨガのエクササイズ

 ウエストを細くするにはなでしこのポーズというエクササイズが効果があります。

1.仰向けになり両足をそろえて伸ばします。
手は手のひらを床に着けて真横に開いて伸ばします。十字の形になります。
そして息を吸います。

2.息を吐きながら両足が床に直角になるように上げます。L字の形になります。
そして息を吸います。

3.今度は、息を吐きながら両足をそろえたまま左側へ倒していき、床から5cmくらいのところで止めます。
そして息を吸います。

4.次は、息を吐きながら両足をそろえ身体をねじった状態で、頭と逆の方向に十字の形になるように回します。
そして息を吸います。

5.今度は、息を吐きながら両足をそろえたまま右側へ回していき、床から5cmくらいのところで止めます。
そして息を吸います。

6.最後に、息を吐きながら両足をそろえ身体をねじった状態で、頭と逆の方向に十字の形になるように回し、2の状態に戻します。
そして息を吸います。


 これを3~5回繰り返し行います。
終わったら安らぎのポーズを行います。




 1日、1回、あなたの応援クリックが更新の励みになります。
  ↓
 
健康ダイエット ブログランキングへ



関連記事
[ 2016/01/09 10:37 ] ヨガ ダイエット | TB(-) | CM(0)

下腹部がすっきり痩せるヨガトレーニング


 中年になってくると、お腹あたりに余分な脂肪がついてきて、ぽっこりとしたお腹になってきます。中年に限らず現代人は生活が便利になって動かなくなったのに、これまでと同じように食べているために、このような状態になり易いのだそうです。


特に、運動不足の人、ストレスや食べ過ぎなどから胃腸が弱くなっている人、そして呼吸が浅い人は、中年じゃなくても腹筋が弱っているために、お腹周りに贅肉が付きやすいのだそうです。


 
 お腹周りをすっきりさせるためには、筋トレしたり食事制限するなど、いろいろな方法がありますが、ヨガにも下腹部をすっきりさせるトレーニングがあります。どのようなものなのか紹介したいと思います。




 1日、1回、あなたの応援クリックが更新の励みになります。
  ↓
 
健康ダイエット ブログランキングへ




 瞑想呼吸で下腹部をすっきりさせる

 これまでに紹介してきた瞑想呼吸には、下腹部をすっきりさせる効果があります。瞑想呼吸を3週間続けると下腹部の贅肉が取れていくことを実感できます。実際に、瞑想呼吸だけで3ヶ月で4Kg以上痩せた人もいます。まずは、下腹部がすっきりするイメージを思い浮かべて瞑想呼吸を毎日100回以上やってください。



 下腹部をすっきりさせるトレーニングとは

 下腹部をすっきりさせるヨガのトレーニングには、「閉じたつつじのポーズ」と「つつじのポーズ」があります。

1.閉じたつつじのポーズ

 床に座って両足を前に伸ばします。この時、両かかとを開いて足の親指を重ねます。
その状態で、両手を首の後で組み、両肘を前で合わせます。

息を吸い込んだら息を止め両足を上げます。
両足を上げた状態で、呼吸は普通にして、耐えられるだけ耐え続けます。

足を上げている間は、目を閉じて、下腹部の贅肉が取れて理想の身体になっている自分のイメージを思い浮かべます。

安らぎのポーズで休みます。


2.つつじのポーズ

 床に座って両手を首の後で組み、両肘を前で合わせます。
両足の膝を少し曲げた状態で、足を10回連続で上下に振ります。

両方の手のひらをお尻の後ろの床に指を前向きにしてつきます。
両膝を曲げた状態で両足を斜め左方向に10回連続で上下に振ります。
次に、両足を正面の位置で10回連続で上下に振ります。
さらに、両足を斜め右方向に10回連続で上下に振ります。

先ほどと同じように床に手をつき足を上げた状態で、
左右の足を交互に10回連続で曲げたり伸ばしたりします。

今度は、手のひらから肘までを床につき足を上げた状態で、
左右の足を交互に10回連続で曲げたり伸ばしたりします。

最後は、手のひらから肘までを床につき足を上げた状態で、
両足を揃えて10回連続で上下に振ります。

安らぎのポーズで休みます。



 安らぎのポーズとは、

床に仰向けかうつ伏せの状態になります。(うつ伏せの場合には、首は左右どちらかに倒します。)
目を軽く閉じ、足は肩幅に開きます。
手は身体から30度くらいの位置に置き、手のひらを上に向けます。
口を少し開き加減にして力を抜きます。
時間は3~5分くらい、このままの状態を続けます。

安らぎのポーズを取っている間は、下腹部の贅肉が取れて理想の身体になっている自分のイメージを思い浮かべます。



 慣れるまでは一度にできないかもしれませんが、続けていけば簡単にできるようになるので、頑張ってやってください。このポーズをする時は、下腹部がしまっていくことをイメージしながら行ってください。





 1日、1回、あなたの応援クリックが更新の励みになります。
  ↓
 
健康ダイエット ブログランキングへ



関連記事
[ 2016/01/08 14:08 ] ヨガ ダイエット | TB(-) | CM(0)
人気ブログランキング
 1日、1回、あなたの応援クリックが更新の励みになります。
健康と医療 ブログランキングへ
プロフィール

diet5kilog

Author:diet5kilog
FC2ブログへようこそ!



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。