ダイエット、5キロ痩せるには

無理な食事制限をしないで、健康的に必ず5キロ痩せるダイエット法を伝授します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

確実に痩せるには、どのくらいのペースで減量すべきなのか


 これからダイエットを始めようと考えている人は、できるだけ早く理想の体型に近付きたいと思っています。しかし急激に体重を減らすのはとても危険です。そのあたりのことをよく分かっている人も少なくありません。自分の健康のことを考えて、次のような質問、「1ヶ月にどれくらいのペースで体重を落としていくのがいいのでしょうか。」をしてきます。



 今回は、どれくらいのペースで体重を落としていくのがいいのかを説明します。




 1日、1回、あなたの応援クリックが更新の励みになります。
  ↓
 
健康ダイエット ブログランキングへ




 急激なダイエットはリバウンドしやすい

 体重を落とすペースを考えることはとても重要です。落とすペースが小さければ、それだけダイエットの期間が長くなるのですから、誰もができるだけ早く痩せたいと思うのが当たり前です。1ヶ月に7Kgも8Kgも落としたと吹聴している人がいますが、そういう人は体調を崩すリバウンドで困っているはずです。


 体調を今よりも良くして、しかも太りにくい体質に変えながらダイエットしなければなりません。ダイエットは健康になるためにするというのが基本的な考え方だからです。そしてダイエットで目標体重に達したら、それで終わりということではないのです。ダイエット期間中に身につけた運動や食事制限を継続しなければ、その体重を維持することはできないのです。


なので、急激に体重を落とすようなダイエットはしないでくださいね。




 理想的な体重の落とし方は

 1ヶ月に○Kgずつ落とすのがいいという決まりはありません。目標体重にするために50Kg減量しなければならない人と5Kgの減量でいい人と同じように考えても仕方がないからです。50Kgも減量しなければならない人でも、落としていくペースは3ヶ月で10Kgまでに抑えておくべだと考えています。5Kgの減量でいい人は1ヶ月に1~2Kgくらいがいいのではないでしょうか。


筋肉をつけるために運動していれば、その運動量によって減量のペースがある程度決まります。筋肉が付けばつくほど、食事量を変えなくても体重が減るからです。運動せずに食事制限だけで痩せるのは、筋肉を減らすことになるので、痩せにくい体質になってしまいます。


なので、どれくらいの運動ができるのかによって決めるのがいいのではないでしょうか。といっても、先ほど言ったように、目安は1ヶ月に1~2Kgくらいがいいのではないでしょうか。





 1日、1回、あなたの応援クリックが更新の励みになります。
  ↓
 
健康ダイエット ブログランキングへ


関連記事
スポンサーサイト
[ 2016/01/27 11:11 ] Q&A | TB(-) | CM(0)

痩せる体質作りに利用したい肥満体質遺伝子の検査


 ダイエットが上手くいかず思うように痩せることができない人は、その理由を自分の体質に問題があるからだと考えているようです。そのため、自分が肥満体質かどうかを知りたいと思っている人が多いようです。


ダイエットの経験がない人でも、自分が肥満体質かどうか知りたいと考えている人が少なくありません。最近増えているのが、次のような内容の質問です。「太りやすい体質かどうかを、どのようにして調べればいいのでしょうか。」



 今回は、肥満遺伝子を持っているかどうかを調べる方法について説明します。





 1日、1回、あなたの応援クリックが更新の励みになります。
  ↓
 
健康ダイエット ブログランキングへ





 遺伝子検査の方法

 次の3つの遺伝子が肥満関連遺伝子として知られています。それはβ-3アドレナリン受容体遺伝子、脱共役タンパク質1遺伝子、β-2アドレナリン受容体遺伝子の3つです。これらの遺伝子のちょっとした違いによって、基礎代謝が大きく違ってくるのです。


それでは、これらの遺伝子検査をどのようにして行えばいいのかというと、一般の医療機関では検査は行われていません。但し、肥満や糖尿病などの専門クリニックでは検査をしているところもあるようです。


しかし心配することはありません。湧永薬品という製薬メーカーが「肥満体質遺伝子検査キット」というのを販売しています。オンラインで注文して、検体を採取しメーカーに送れば、2週間後に検査結果を知らせてくれるというサービスです。


検体は頬の内側の粘膜をこすって採取します。書類と一緒に検体を送るだけですから、とても簡単です。痛みはほとんどありません。


このサービスのお値段は、税抜きで9,000円くらいです。



 この検査をすることによって、8種類ある肥満のタイプのどのタイプかが分かります。肥満のタイプが分かれば、どのようなダイエットをすればよいが分かるので、ダイエットがやりやすくなります。


1万円弱の費用で肥満体質かどうかと肥満のタイプが分かるのですから、気になる方はトライしてみてください。




 1日、1回、あなたの応援クリックが更新の励みになります。
  ↓
 
健康ダイエット ブログランキングへ



関連記事
[ 2016/01/26 13:29 ] Q&A | TB(-) | CM(0)

痩せる体質、太りやすい体質だとを自覚することが重要


 痩せたいと思ってダイエットを始めたものの、思うように痩せることができない人や一度は上手く痩せることができたものの、その後リバウンドしてしまう人がたくさんいます。そのためダイエットを繰り返さざる得ない人も少なくありません。


そういう人は、そのうち思うように痩せることができない理由探しを始める人が多いようです。そういう方に多い質問が、「肥満になる原因は体質にあるということを聞きました。肥満体質の場合、どんなに努力しても痩せることができないのでしょうか。」です。



 確かに肥満は遺伝します。なので体質に関係していると言えるでしょう。しかし、肥満体質だから太っていてもしかたがないというわけではありません。肥満体質だけで太る訳ではありません。肥満体質の上に生活習慣が重ならない限り肥満になることはないのです。



 それでは、どのような生活習慣を身につければ肥満にならなくて済むのでしょうか。




 1日、1回、あなたの応援クリックが更新の励みになります。
  ↓
 
健康ダイエット ブログランキングへ





 肥満体質は検査すれば分かる

 肥満体質かどうかは遺伝子の検査をすれば分かります。分かっているだけでも10以上もの肥満遺伝子が存在しています。その中の最も太りやすい体質だと分かったとしても、正常な人と比べると1日の摂取カロリーは220calしか違わないのです。


220calを食事に換算すると、ご飯お茶碗1杯、もしくは鯛焼き1個くらいの違いでしかありません。正常な人と比べるとハンディを背負っていることになりますが、この程度のハンディであればけっして克服できないレベルではありません


肥満体質であることを理由に痩せることを諦めることの方が問題なのです。普通の人よりも食べることを我慢しなければならないのは事実です。しかし本当に痩せたいのであれば、けっして我慢できないことはないはずです。あなたの痩せたい気持ちを試されていると前向きに考えて、ダイエットに取り組んでくださいね。





 肥満体質であることを自覚することが大切

 ダイエットが上手く行かないからと言って、その言い訳を考えるのではなく、現実をしっかりと認識し、自分は太りやすい体質であることをしっかりと自覚しましょう。その上で、自分の体質を考えて、やせるためにどうしなければならないのかを考えて実行していきましょう。


太りやすい体質なのですから、普通の人よりも食事を制限したり、運動しなければならないのです。そのために具体的にどうしていくのかを考えて実行すれば、目標が具体的に見えてきます。ここまでくれば、後は結果が出るまで頑張るだけです。諦めずに努力していきましょう。





 1日、1回、あなたの応援クリックが更新の励みになります。
  ↓
 
健康ダイエット ブログランキングへ




関連記事
[ 2016/01/25 15:43 ] Q&A | TB(-) | CM(0)

痩せる食生活、肥満遺伝子を持っていても大丈夫


 ダイエットを始める前に考えなければならないことは、なぜ太ったのかということです。本当に痩せたいのであれば、太った原因をよく考えて、原因と考えられる要素を1つ1つ潰していくことが重要です。


しかし、太っている人の中には、次のような質問をする人がたくさんいます。「家族がみんな太っています。肥満は遺伝するのでしょうか。」というものです。


太っている原因がよく分からないのか、あまり考えたくないので、遺伝のせいにしたいのかもしれのせんが、肥満は遺伝の要素が強いと考えている人が多いようです。



 肥満は遺伝するのでしょうか。遺伝するにしても何か対応はないのでしょうか。




 1日、1回、あなたの応援クリックが更新の励みになります。
  ↓
 
健康ダイエット ブログランキングへ




 肥満遺伝子は存在する

 最近の遺伝子研究の結果、肥満遺伝子が存在することが分かりました。今分かっているだけでも10以上もの遺伝子が存在しているようです。


 肥満遺伝子を持っているから必ず肥満になるというわけではありません。肥満になりやすい体質であるということは言えると思います。遺伝子だけが原因で肥満になるのではありません。それ以外に大きな要因があるのです。それは生活習慣です。


 先ほどの質問で家族がみんな太っているというのは、肥満遺伝子を持っているうえに、家族全員食べることが好きなのでしょう。なので、家族がみんな同じものを同じようにたくさん食べていることから、全員太っているのではないかと考えられます。


太らないためには食生活を見直す必要があるのです。いくら肥満遺伝子を持っていても、肥満にならないように注意し努力していけば、肥満になることはありません




 肥満にならないためには

 遺伝的要因と環境的な要因の2つが揃わなければ、肥満になることはありません。たとえ遺伝的に肥満になりやすい体質だとしても、環境的要因を改善すれば、肥満になることはないのです。つまり、食生活を改善し適度な運動をしていれば、肥満になることはありません。


 太っている人には、3つのタイプがあるそうです。あなたは、どのタイプなのでしょうか。太るタイプによって、ダイエットのしかたが違います。

 このあたりのことは、過去の記事で説明しています。読み直してください。
  ↓
 痩せるためには中性脂肪を減らすこと



 ここで言いたいことは、肥満遺伝子を持っているから太っても仕方がないと諦めることが最も危険な考え方だということです。たとえ肥満遺伝子を持っていて太りやすい体質だとしても、しっかりと食生活を管理し、適度な運動をしていれば、けっして太ることはないのです。


普段の心がけひとつで肥満になることを防ぐことができるので、太らないような生活習慣を身に着けてくださいね。





 1日、1回、あなたの応援クリックが更新の励みになります。
  ↓
 
健康ダイエット ブログランキングへ



関連記事
[ 2016/01/22 14:57 ] Q&A | TB(-) | CM(0)

絶対痩せる必要がある隠れ肥満とは


 太っているわけではないのに、健康診断で内臓脂肪が多いのでダイエットしなさいと医者に言われたという人も少なくないでしょう。


こういう方は、太っていないので、自分がダイエットしなければならないという自覚が全くありません。なぜ、ダイエットなんかしなければならないのかと、逆に疑問を持っている人がほとんどです。


このような経験をお持ちの方は、今、巷で増加している「隠れ肥満」と言われるものです。隠れ肥満というのは、どのような状態なのでしょうか。なぜ、ダイエットしなければならないのでしょうか。




 1日、1回、あなたの応援クリックが更新の励みになります。
  ↓
 
健康ダイエット ブログランキングへ




 隠れ肥満は生活習慣病になりやすい

 肥満かどうかを判定するのにBMI値が使われます。BMI値は肥満を示していないのに、体脂肪率が25%以上の場合には隠れ肥満と呼ばれています。一般的に、体脂肪が増えると体型がぽっちゃりとしてくるのでBMI値が高くなります。しかし、元々痩せている人が体脂肪が増えて普通の体型になったような場合には、BMI値が肥満を示すことはありません。


 隠れ肥満について説明している下記ページを読んでください。
  ↓
 痩せなければならないかどうかは体脂肪率で決まる
 http://diet5kilog.blog.fc2.com/blog-entry-3.html



 内臓脂肪による肥満は生活習慣病になりやすいと言われています。内臓脂肪による肥満が進み糖尿病、高血圧、高脂血症の4つが揃うと、「死の四重奏」と言われ、心筋梗塞を発症する危険が高くなるのだそうです。

 内臓脂肪による肥満ついて説明している下記ページを読んでください。
  ↓
 痩せることが長生きにつながる
 http://diet5kilog.blog.fc2.com/blog-entry-4.html




 
 内臓脂肪の働き

 内臓脂肪というのは、活発に動く細胞で、日々のエネルギーの供給減になっています。なので、太らなければ、とても良い働きをしてくれる細胞です。


しかし太ってしまうと、良い働きをしなくなってしまうのです。エネルギー源となる脂肪を燃焼させずに、ただ貯めこむだけになってしまいます。そうなると、内臓脂肪の増加が加速し、糖尿病、高血圧などの病気を呼び込むことになるのです。


なので、隠れ肥満は肥満が進まないうちにダイエットして内臓脂肪を減らさないといけません。太っていれば痩せなければならないと思うのですが、隠れ肥満は肥満であるという自覚がないだけに、ある意味厄介です。しかも、内臓脂肪は落ちにくいので、ダイエットするのも大変です。普通のダイエットのしかたでは、内臓脂肪は減らないからです。


 隠れ肥満のうちにダイエットに取り組みましょう。





 1日、1回、あなたの応援クリックが更新の励みになります。
  ↓
 
健康ダイエット ブログランキングへ




関連記事
[ 2016/01/21 11:39 ] Q&A | TB(-) | CM(0)

運動せずに痩せるとリバウンドの可能性が高くなる


 太っている人は身体を動かすことがあまり好きでない人が多いようです。食べることが好きでお腹いっぱい食べて運動しないのですから、太るのが当たり前です。


それでもスリムな体型になりたいと思っている人が多く、ダイエット願望は強いようです。しかし、やっぱり運動するのは嫌なようで、「運動は苦手です。仕事が忙しく運動する時間が取れません。運動せずにダイエットすることはできないでしょうか。」という質問がたくさんあります。



 結論から言うと、ただ痩せるだけなら運動しなくても痩せられます。しかし、運動せずに痩せてもまた同じ状態になってしまう可能性が高くなります。どうせダイエットするなら、太りにくく痩せやすい体質に変えるべきです。そうすればリバウンドすることもありません


ダイエットするために運動しなければならない理由お勧めのダイエット法を説明します。




 1日、1回、あなたの応援クリックが更新の励みになります。
  ↓
 
健康ダイエット ブログランキングへ



 
 運動しなければならない理由

 食事制限して摂取カロリーを減らせば、消費エネルギーが多ければ痩せていきます。痩せる時に体脂肪だけ減ってくれればいいのですが、脂肪が減る前に筋肉が減ってしまうのです。筋肉は運動しなくてもエネルギーを消費してくれるので、痩せるためにとても重要なのです。


もし食事制限だけで痩せれば、筋肉が減少してしまうので、痩せたくても痩せにくい体質になってしまいます。なぜかというと、エルネルギーの消費量が減少してしまうからです。なので、筋肉を減らさずに痩せる必要があるのです。むしろ、筋肉をつけて消費エネルギーを増やすべきなのです。


そうすれば、基礎代謝が増加するので、太りにくく痩せやすい体質に変わります。そのためには運動するしかないのです。


ただ、運動嫌いの人にハードなトレーニングをしてくださいなんて言うつもりはありません。運動嫌いな人にピッタリの運動を紹介します。


 過去のこちらの記事を読んでみてください。
  ↓
 痩せるために行う筋トレにはデメリットがない 



 私がお勧めのダイエット法は、こちらの記事をどうぞ。
  ↓
 痩せるダイエット、健康的にきれいに痩せる方法とは 





 1日、1回、あなたの応援クリックが更新の励みになります。
  ↓
 
健康ダイエット ブログランキングへ



関連記事
[ 2016/01/20 15:14 ] Q&A | TB(-) | CM(0)

食べながら痩せる、甘い物を我慢せずに痩せるには


 ダイエットしたいと思っている人がたくさんいますが、実際にダイエットを始めると、途中で挫折しダイエットを諦めてしまう人が多いのが実情です。ダイエットを続けられなくなってしまう理由で最も多いのがストレスです。


太っている人は、食べることが好きですから、食べることでストレスを発散しています。それなのに思うように食べることができないと、それがストレスになってしまうのです。食べたいものを我慢するというのは、大きなストレスになってしまうようです。


そういう方たちに多いのが、「甘いものが好きなので、甘い物を我慢することができません。ダイエット中は甘い物を食べてはいけないのでしょうか。」という質問です。



 結論から言うと、甘い物を食べていけないということはありません。できれば食べない方がいいのですが、この質問に対する対処の仕方を説明します。




 1日、1回、あなたの応援クリックが更新の励みになります。
  ↓
 
健康ダイエット ブログランキングへ




 甘い物はダイエットの敵

 甘い物というのはだいたい糖質でできてます。糖質を一度にたくさん食べると、すべてが脂肪に変わってしまうので、ダイエットにはよくありません。


糖質は人間が生きていく上で必要なエネルギー源になるので、糖質をゼロにするわけにはいきません。1日に必要な糖質の1割くらいを甘い物で摂ることは問題ありません。しかし、先ほど言ったように一度に食べると脂肪に変わるので、脂肪に変わらないように分散して食べるなどの工夫が必要なのです。


しかし甘いものが好きな人にとって、少しだけ食べるということで我慢できるかどうか分かりませんが、ストレスにならないように、絶対食べてはいけないという縛りを外しておく意味でも効果があるのではないでしょうか。





 ストレスをなくすために

 甘い物を食べてはダメということになると、それだけでストレスになってしまうので、ダイエットを続けられなくなってしまうかもしれません。なので、どうしても我慢できなくなった時は食べてもいいと思います。


ただし、食べる量を考えなくてはいけません。週に1度小さなケーキを1個とかお饅頭を1個というように、カロリー計算して、1週間の糖質を置き換える程度にしてください。


ただ、甘い物を食べたいというのも慣れなので、慣れてくると食べなくても平気でいられるようになってきます。なので、どうしても食べたくなった時は、ストレスを発散する意味からも食べた方がいいでしょう。




 1日、1回、あなたの応援クリックが更新の励みになります。
  ↓
 
健康ダイエット ブログランキングへ




関連記事
[ 2016/01/19 15:58 ] Q&A | TB(-) | CM(0)

痩せるダイエット、健康的にきれいに痩せる方法とは


 現在肥満でダイエットしたいと考えている人がたくさんいます。健康のことを考えるとできるだけ早く痩せた方がいいのですが、食事制限などで急激に痩せることに不安を持っている方も多いようです。


そういう方たちに多いのが、「かなりの肥満なのですが、急に食事を減らして痩せるのは不安があります。どのようなダイエット法をとればいいのでしょうか。」という質問です。



 状況がよく分からないので、理想体重が60Kgくらいで20Kg近く痩せなければならないという設定で、ダイエット法を説明したいと思います。




 1日、1回、あなたの応援クリックが更新の励みになります。
  ↓
 
健康ダイエット ブログランキングへ




 食事制限で急激に体重を減らすリスク

 20Kg近く痩せなければならないのですから、1ヶ月に10Kgくらい落として2ヶ月くらいでダイエットしたいと考えているかもしれませんが、それは急激に落としすぎです。できるだけ時間をかけて落とすべきです。3ヶ月で10Kgくらい落とすペースがいいでしょう。なので、半年かけて20Kg減らすというスケジュールを考えましょう。


 なぜ急激に体重を減らすと危険なのかというと、食事制限によって1ヶ月に10Kg落とすことは難しくありません。しかし、急激に痩せるとリバウンドする可能性が高くなります。さらに、食事メニューをきっちりと作って食事制限しないとビタミンやミネラルなど、必要な栄養素が不足することになって、体調を崩すことになるからです。


最も怖いことは、食べることが好きで肥満になった人は、食べることでストレスを発散しています。それなのに思うように食べることができないと、それがストレスになってダイエットどころではなくなります。それこそ、途中でギブアップすることになり、余計に太ってしまうということになるのです。




 太りにくい体質に変えるダイエット法

 食事制限を始めるのと同時に筋肉をつける運動を始めましょう。筋肉をつけるのに最も効果があるのはスロートレーニングです。筋トレのようにハードではありません。筋トレなら1日に2時間以上しなければなりませんが、トレーニングなら多くても週に3回程度、1日30分くらいの運動で十分です。スロートレーニングの他に、ジョギングやウォーキングを行うと、より効果が上がります。


 私がお勧めする筋肉をつけるための運動はこれです。
  ↓
 スロートレーニングでダイエットする方法とは http://diet5kilog.blog.fc2.com/blog-entry-142.html



 食事制限は1ヶ月に4Kgくらい体重を減らすようなスケジュールを作りましょう。現在の体重から1ヶ月に4Kg減らすように1日の摂取カロリーを計算します。そして2Kg減量できた段階で、また4Kg減らすように1日の摂取カロリーを再計算し、食事制限を見直します。2Kg減量できたら、食事制限のしかたを見直ししてダイエットを継続していきましょう。


 食事制限することで必要な栄養素が不足しないように、糖尿病食を参考にメニューを作りましょう

 下記ページを参考にしてください。
  ↓
 確実に痩せるダイエットに取り入れたい糖尿病食の作り方 

 
 自分で作るのが面倒だという方は、市販の糖尿病食を利用してください。
  ↓
 健康ダイエットのために糖尿病食を利用するには



 半年かけて筋肉を付けながら食事制限を続けていけば、筋肉が付くことで太りにくく痩せやすい体質に変わります。糖尿病食を利用することで、栄養不足になることもないので、きれいにしかも健康に痩せることができます。そうすればリバウンドを心配することもありません




 1日、1回、あなたの応援クリックが更新の励みになります。
  ↓
 
健康ダイエット ブログランキングへ



関連記事
[ 2016/01/18 11:58 ] Q&A | TB(-) | CM(0)
人気ブログランキング
 1日、1回、あなたの応援クリックが更新の励みになります。
健康と医療 ブログランキングへ
プロフィール

diet5kilog

Author:diet5kilog
FC2ブログへようこそ!



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。