ダイエット、5キロ痩せるには

無理な食事制限をしないで、健康的に必ず5キロ痩せるダイエット法を伝授します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

簡単に痩せる方法でも工夫しないと続かない


 せっかく健康的に痩せる方法を知っていたとしても、それを長く続けなければ意味がありません。せめて、目標体重に痩せるまで続けなければなりません。


どのように良いことでも、長く続けるためには、それなりの苦労があります。よほど意志の強い人なら簡単にできるかもしれませんが、3日坊主が当たり前の人にとって、いくら良いと思ってもなかなか続かないのも事実です。だからリバウンドしてしまうんです。



 それでは、継続するために何をすればいいのでしょうか。




 ダイエットを継続するための工夫とは

 ダイエットを続けていくために重要なことは、やはりモチベーションを維持することです。絶対に痩せるという気持ちを持たなければなりません。


せっかく努力しているのに、なかなか成果が見えてこないとモチベーションは下がる一方です。なので、モチベーションが下がらないように、成果が見えるように工夫しなければならないのです。


 どのようにすればいいのかというと、

1.毎日食べた物と1日の摂取カロリーを記録することです。
 食品交換表を使って、だいたいの摂取カロリーを計算して記録してください。

2.次に必要なことは、体重を毎日測って記録しましょう。
 測る時間を決めてください。お風呂に入る時とか、寝る前、あるいは朝起きた時など、自分の都合の良い時間に毎日測って記録しましょう。


 この2つをグラフなどにして記録していくと、毎日グラフを見るのが楽しくなってきます。
思うように体重が減らなかった時は、その日の食事を見直すと、減らなかった理由が分かります。効果があった時も、その理由が分かるので、次はこうしようというアイデアが湧いてきます。


1~2ヶ月も続けると、低カロリー食のノウハウが身についてきます。そうなってきたらしめたものです。どんどん成果が出てきます。




 ダイエットを続けるための注意点
         
 とにかくゆっくりとよく噛んで食べる習慣をつけてください。
そうすると、満腹中枢が働くので、少しの量で我慢できるようになってきます。
出来れば1口で50回は噛んでもらいたいところですが、最低でも20回は噛むように心がけてください。とにかく、早食いはダイエットの敵なので、退治しましょう。


 食事療法といっしょに運動してください。
脂肪が燃焼しやすい有酸素運動を20分以上したいですね。散歩や歩く程度のジョギングでいいのです。これを毎日続けると、脂肪が燃焼しやすい体質に変わります。


それだけではありません。運動することで、血糖値が下るだけでなく動脈硬化の予防、老化防止にも効果があります。




 毎日やっていると、たまに嫌になることもあります。義務感でやっているとストレスになるので、ストレスにならないように、嫌な時はさぼっても大丈夫です。1日サボって気分転換してから、また始めればいいのです。気楽に続けていきましょう。



関連記事
[ 2015/09/08 10:56 ] カロリー ダイエットに糖尿病食 | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
人気ブログランキング
 1日、1回、あなたの応援クリックが更新の励みになります。
健康と医療 ブログランキングへ
プロフィール

diet5kilog

Author:diet5kilog
FC2ブログへようこそ!



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。