ダイエット、5キロ痩せるには

無理な食事制限をしないで、健康的に必ず5キロ痩せるダイエット法を伝授します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

どうやったら痩せるの、お酒の上手な飲み方とは


 お酒を飲むときには、意識しておつまみを食べなければなりません。お酒にはエネルギー以外に栄養素がないので、必要な栄養素を補うために、おつまみを意識して食べるようにしてください。そうすれば、内臓に与える負担を軽くすることができます。


もちろん、おつまみなら何でもいいというわけではありません。痩せたいのであれば、太らないようにするために、おつまみを選ばなければなりません。



 それでは、どのような選び方をすればいいのでしょうか。




 居酒屋のメニューは、高カロリーのものが多い

 会社の上司や同僚、さらに友人と飲みに行く時は居酒屋が多いと思います。居酒屋のメニューというのは、揚げ物とか焼き鳥など、お酒が進む上に食欲が進むメニューがたくさんあります。これらのおつまみは高カロリーなので、食べ過ぎるとどうしても摂取カロリーオーバーになってしまいます。


 おつまみは、揚げ物とか焼き鳥など高カロリーの物を避けて、低カロリーでしかも高タンパクのものを選ぶようにしましょう。漬物、塩辛などは低カロリーですが、塩分が多いので避けた方がいいでしょう。


 やはり、枝豆や焼き魚、豆腐料理、野菜の煮物、酢の物など、和食中心のおつまみがいいようです。夏場は難しいですが、冬場はやはり鍋物がいいですね。野菜がたっぷり摂れることも魅力です。


特に、枝豆はビタミンB1が豊富なので、アルコールの分解を促進してくれるので、お酒のおつまみとしては最適です。ビタミンB1が豊富な食べ物が、お酒のおつまみとして最適なのかもしれませんね。


ちなみに、ビタミンB1を豊富に含む食べ物は、豆腐や納豆などの大豆食品、お魚ではかつお、カレイ、鯛など、野菜類ではブロッコリー、アスパラガス、にんにく、いんげんなど、海藻類では焼き海苔、昆布などです。




 たとえ飲むときでも、痩せることを忘れないことが大切です。ビタミンB1を豊富に含む食べ物をおつまみに選んで飲んでくださいね。但し、飲みすぎないように心がけましょう。
 


関連記事
[ 2015/09/12 10:07 ] ベスト体重を手に入れるには | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
人気ブログランキング
 1日、1回、あなたの応援クリックが更新の励みになります。
健康と医療 ブログランキングへ
プロフィール

diet5kilog

Author:diet5kilog
FC2ブログへようこそ!



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。