ダイエット、5キロ痩せるには

無理な食事制限をしないで、健康的に必ず5キロ痩せるダイエット法を伝授します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

炭水化物ゼロの減量方法では痩せにくい体質になる


 ダイエットというと単純に食べる量を減らせばいいと考えて、食事の量を減らしたり、1食抜いたりすることから始める人が少なくありません。手っ取り早く痩せることができること、そして簡単に痩せることができるからです。


そしてご飯やパンなどの炭水化物を減らすことがダイエットだと考えている人も少なくありません。炭水化物の代わりに、野菜やこんにゃくなどを食べて痩せようとしている人も多いようです。
炭水化物をまったく摂らずに痩せようとしている人もいます。



 本当にそんなダイエット法でいいのでしょうか。炭水化物を摂らないダイエットで問題ないのでしょうか。



  1日、1回、あなたの応援クリックが更新の励みになります。
  ↓
 
健康と医療 ブログランキングへ




 炭水化物は、大切なエネルギー源

人間は寝ている間も生きていくためにエネルギーを消費します。これを基礎代謝と言います。このエネルギーを、主に炭水化物と脂質から摂っています。なので、炭水化物の摂取を止めれば、エネルギーが補給されませんから、痩せるのは事実です。しかも急激に痩せることになってしまいます。


しかし、人間が生きていくために必要な基礎代謝を補うことができなくなってしまいます。なので、炭水化物の摂取をゼロにすることはできません。少なくても基礎代謝と同等のエネルギーを炭水化物や脂質から摂らなければならないのです。いくら痩せるためだといっても、1日に必要な摂取カロリー以下にしてはいけないのです。


ダイエットするなら、3食しっかり食べる方法をとってください。炭水化物を摂りたくないのなら、3食のうち夕食だけ抜くというようなやり方にしてください。朝食と昼食で必要なカロリーを摂って、夜は軽い食事というのが理想的です。




 炭水化物をゼロにするダイエット法では痩せにくい体質に

炭水化物をゼロにするような食事のしかたをすると、エネルギー源が補給されないので、急激に痩せることができます。しかし、痩せたことで脳が異常を感知し、脂肪を貯め込むようになるのです。飢饉と同じような状況です。食べ物がなくなったと判断した脳が、生きていくために必要な栄養素を食べ物から吸収しようとするからです。


そのため、あなたの思いとは逆に脂肪を蓄えやすい体質に変わっていきます。それでもまだ炭水化物が摂れないような状況が続けば、骨や筋肉が減少しエネルギーとして使われるようになっていきます。そうなると基礎代謝が減少するので、どんどん痩せにくい体質に変わってしまうのです。


それでは、何のためにダイエットをしたのか分かりませんね。痩せようとして努力した結果、痩せにくい体質に変わったのでは、目的とは逆の結果になってしまいます。基礎代謝が減少することによって、ダイエットを止めた途端にリバウンドしやすくなってしまうのです。





 痩せるために炭水化物の摂取を減らすことは間違いではありませんが、ゼロにするのはダメです。1日に必要な摂取カロリーは炭水化物や脂肪からしっかり摂ってください。そして、蛋白質とビタミンやミネラルをしっかり摂ることで、基礎代謝を増やし太りにくい体質に変えましょう。



  1日、1回、あなたの応援クリックが更新の励みになります。
  ↓
 
健康と医療 ブログランキングへ


関連記事
[ 2015/09/14 15:58 ] ベスト体重を手に入れるには | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
人気ブログランキング
 1日、1回、あなたの応援クリックが更新の励みになります。
健康と医療 ブログランキングへ
プロフィール

diet5kilog

Author:diet5kilog
FC2ブログへようこそ!



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。