ダイエット、5キロ痩せるには

無理な食事制限をしないで、健康的に必ず5キロ痩せるダイエット法を伝授します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

3ヶ月で痩せる筋トレの目的は代謝を上げること


一般的な筋トレの目的は、マラソンランナーなら筋持久力をつけて長く走れるようにすることです。また、短距離ランナーやウェィトリフティングの選手なら、瞬発的な力を出せるようにすることです。


しかし、ダイエットをしている人にとって、筋トレをして筋肉をつける目的は、筋肉量を増やして代謝を上げて、太りにくい体質に変えることです。最も効率的に痩せるダイエット方法だと言えます。


ダイエットするための筋トレは、瞬発力や持久力をつける必要はありません。ただ筋肉をつけることで代謝が上がればいいだけなのです。なので、筋トレの質がマラソンランナーや短距離ランナー、ウェィトリフティングの選手などとはまったく違います。運動することで痩せる体質に変わればいいだけなのです。



 それでは、筋肉量をつけるためには、どのような筋トレをすればいいのでしょうか。



 1日、1回、あなたの応援クリックが更新の励みになります。
  ↓
 
健康ダイエット ブログランキングへ





 筋肉を増やすには運動の強度が重要

 筋肉に負荷をかける筋トレをすると筋肉が太くきなり筋肉量が増えます。なので、必ず痩せるダイエット方法なのです。だからといつて、やみくもに筋トレをすればいいというものではありません。筋肉を太くするためには、筋肉にかける負荷をコントルールしなければならないのです。それをトレーニングの強度という呼び方をします。


どの程度の強度をかけるのかを表す尺度としてRMという言葉が使われます。
RMというのは、Repetition Maximumの略で、反復可能最大重量という意味です。つまり、1RMはその人が1回だけ持ち上げられる最大重量のことです。


筋トレする時の強度を設定をする場合は、「80%1RM」というような表現を使います。この場合は80%の負荷で筋トレをするということです。


瞬発力をつける場合と持久力をつける場合とでは、当然ですが強度が違います。筋肉を増強する目的によって強度を変える必要があるのです。


痩せることが目的の筋トレの場合には、筋肉をとにかく太くすればいいだけですから、65%1RM~80%1RMくらいを目安にトレーニングをしてください。ベストは80%1RMだそうです。


具体的にどれくらいの強度なのか分からないと思いますが、80%1RMで8回~10回やっとのことで繰り返すことができる負荷だそうです。65%1RMなら15回~20回やっとのことで繰り返すことができる負荷です。3、4回しかできないようだと負荷が強すぎるし、30回、40回もできるようだと負荷が軽すぎるということです。



 最初は15回~20回くらいできるような負荷で筋トレを始めましょう。腹筋や腕立て伏せが10回もできない人は、8回くらいできるように頑張りましょう。





 1日、1回、あなたの応援クリックが更新の励みになります。
  ↓
 
健康ダイエット ブログランキングへ




関連記事
[ 2015/10/01 09:18 ] 確実に痩せる運動 | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
人気ブログランキング
 1日、1回、あなたの応援クリックが更新の励みになります。
健康と医療 ブログランキングへ
プロフィール

diet5kilog

Author:diet5kilog
FC2ブログへようこそ!



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。