ダイエット、5キロ痩せるには

無理な食事制限をしないで、健康的に必ず5キロ痩せるダイエット法を伝授します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

痩せないとダメだなのに痩せられない人は、まずこのテストから


 筋肉は何もしにければ年齢と共に衰えていくものです。ですから、自分では気が付かないうちに筋力が衰えて、知らないうちに太りやすい体質に変わっています。
まだ体力があるから、大丈夫だと思っていませんか。


 東京大学の石井直方教授が作った造語に「痩筋力」という言葉があります。
「痩筋力」とは、痩せるために必要な筋肉の力という意味です。



 あなたにその「痩筋力」が十分に備わっているかどうか知りたくありませんか。
あなたの筋肉が衰えていないかチェックしてみませんか。




 1日、1回、あなたの応援クリックが更新の励みになります。
  ↓
 
健康ダイエット ブログランキングへ





 あなたの痩筋力をチェックしましょう

 石井直方教授が、その著書の中で紹介している痩筋力チェックテストを紹介します。

体幹の筋肉と足腰の筋肉をチェックするために、次の4つのテストをやってみてください。

1.腹筋

 仰向けになって、両手を腕の前で交差させて両足を固定します。誰かに足を持ってもらうといいでしょう。そして、膝を曲げた状態で上体を20~25度くらい起こします。この姿勢をどのくらいの時間保てるのかを測ってください。


2.背筋

 うつ伏せになって、両手を腰の後ろで組み両足を固定します。誰かに足を持ってもらうといいでしょう。そして、上体を20~25度くらい起こします。この姿勢をどのくらいの時間保てるのかを測ってください。



 腹筋と背筋のチェック結果

 腹筋と背筋とも、それぞれ60秒以上保つことができれば、筋肉は衰えていません。この状態を維持するようにしてくださいね。

 30~60秒しか保つことができないようであれば、あなたの筋力は衰えつつあります。何もしなければ筋力の衰えが加速していきます。筋トレを始めてくださいね。

 30秒も保つことができない人は、かなり筋力が衰えています。今すぐトレーニングを始めなければ、痩せるどころかどんどん太っていくだけです。



3.平衡感覚

 両手を左右に広げます。目を閉じて片足立ちします。この状態でどのくらいの時間保てるのかを測ってください。上げた足が床や軸足に触れなければOKです。軸足がずれるとダメです。


 平衡感覚は年齢によって大きな差があります。
年齢ごとの目安(全国平均)は、次の通りです。

 20歳代 80秒
 30歳代 75秒
 40歳代 50秒
 50歳代 35秒
 60歳代 10秒

 年齢ごとの目安を満足できない人は、筋力や関節の可動域が狭くなっています。今すぐ筋力アップのトレーニングを始めてください。


4.歩行能力

 直立した姿勢から大股に前に踏み出し、2歩の距離を測定してください。

 歩幅は年齢と共に狭くなっていきます。
 年齢ごとの目安(全国平均)は、次の通りです。

 20歳代 身長の1.8倍
 30歳代 身長の1.7倍
 40歳代 身長の1.6倍
 50歳代 身長の1.5倍
 60歳代 身長の1.4倍

目安に満たない人は、今すぐ筋力アップのトレーニングを始めてください。



 簡単な4つのテストをするだけで、現時点のあなたの痩筋力が分かります。
テストの結果を素直に受け入れて、太りにくい体質になるように、今すぐ行動しましょう。




 1日、1回、あなたの応援クリックが更新の励みになります。
  ↓
 
健康ダイエット ブログランキングへ




関連記事
[ 2015/10/02 16:52 ] 確実に痩せる運動 | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
人気ブログランキング
 1日、1回、あなたの応援クリックが更新の励みになります。
健康と医療 ブログランキングへ
プロフィール

diet5kilog

Author:diet5kilog
FC2ブログへようこそ!



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。