ダイエット、5キロ痩せるには

無理な食事制限をしないで、健康的に必ず5キロ痩せるダイエット法を伝授します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

顔を小さくするためにダイエット・・・は早合点


最近、顎が二重になってきたとかハイネックのセーターがきつくなってきたとか感じたことがありませんか。ふとしたことで顔が大きくなってきたと感じる方が少なくないと思います。40代を過ぎた方なら、こういう経験があると思います。


ここで顔が大きくなったからダイエットしなければ・・・と考えるのは早合点なのです。あなたが思っているほど太っていないのに、顔だけが大きくなっているかもしれません。実際に、そういう方が多いのも事実です。



 それでは、最近顔が大きくなったと感じた方は、どうすればいいのでしょうか。また、何が原因で顔が大きくなったのでしょうか。




 1日、1回、あなたの応援クリックが更新の励みになります。
  ↓
 
健康ダイエット ブログランキングへ





 顔が大きくなるのは表情筋の衰えが原因

 顔が大きくなったと感じた方がまず疑わなければならないことは、顔の筋肉(表情筋)の衰えです。骨折した経験がある方は疑問に思うかもしれませんね。なぜかというと、腕や足の骨を骨折しブスで固定したまま長期間動かさなければ、腕や足の筋肉は衰えて細くなってしまいます。


これは筋肉が痩せてしまったことが原因ではないのです。筋肉は使わないと柔軟性と弾力がなくなって萎縮してしまうのです。加齢によって運動量が落ちると少しずつ衰えてきます。表情筋も同じです。しかも表情筋は手や足の筋肉よりも衰えるスピードが速いのです。


表情筋は顔の皮膚を内側から支えています。表情筋が衰えると支える力が弱くなるので、顔の皮膚が重力によって垂れ下がってしまい、たるんでしまうのです。しかも、きちんと動いていないと皮膚の裏に脂肪がどんどん溜まるので、顔が大きくなってしまいます。




 顔を小さくするには

 表情筋が衰えて皮膚の裏に脂肪が溜まってしまった場合、どうすればいいのでしょうか。脂肪を燃焼させようとハードな運動や食事制限する人がいますが、それは止めてください。大変なことになってしまいます。


ハードな運動や食事制限によって、脂肪を燃焼させると、皮膚のたるみが解消されないまま脂肪が無くなるので、シワだらけの顔になってしまいます。テレビのダイエット番組などで、急激に痩せた方が腕やお腹の皮膚がたるんでいるのを見たことがあると思います。あれと同じ状態になってしまうのです。


それではどうすればいいのでしょうか。衰えた表情筋を鍛え直すことです。重力に負けないように皮膚を支える力を取り戻すしかありません。引き締まった若々しい顔を取り戻す唯一の方法なのです。




 1日、1回、あなたの応援クリックが更新の励みになります。
  ↓
 
健康ダイエット ブログランキングへ




[ 2015/11/25 14:14 ] 顔を痩せる方法 | TB(-) | CM(0)

顔が痩せるエクササイズ、頬の次はあご


 顔そのものを小さくすることは難しいのですが、たるんだ頬をマッサージで引き締めすっきりさせることによって、顔を小さく見せることができます。頬をすっきりさせるだけで、顔全体が小さくなったように見せることができます。


ただ、頬だけ引き締めすっきりさせるだけでは不十分です。さらに小顔に見せるためにマッサージで引き締めなければならない部分は、どこでしょうか。




 1日、1回、あなたの応援クリックが更新の励みになります。
  ↓
 
健康ダイエット ブログランキングへ





 頬の次はあごをすっきり

 顔の輪郭を作っている部分がむくんだりたるんだりしていると、顔が大きく見えてしまいます。顔の輪郭に大きな影響を与えるのがフェイスラインです。フェイスラインをリフトアップしてやると、顔が小さく見えます。


フェイスラインの筋肉をマッサージで刺激してやると、はりが出てリンパの流れがや血行が良くなります。そうすると、フェイスラインのむくみやたるみが取れるので、あごがすっきりとシャープになります。


あごがシャープに見えると顔のサイズが小さくなったように感じられるのです。二重あごの方には特に効果があると思います。





 あごのマッサージ

1.あごの裏を引き上げる

 左手で左耳の横を支えます。そして右手の親指であごの先の裏をフェイスラインに添って左耳側に引き上げます。右の親指の動きに合わせて左手も引き上げます。この動作を5回繰り返します。
反対側も同じように5回繰り返します。


2.あごの裏(口角の下あたり)を引き上げる

 左手で左耳の横を支えます。そして右手の親指であごの裏(口角の下あたり)をフェイスラインに添って左耳側に引き上げます。右の親指の動きに合わせて左手も引き上げます。この動作を5回繰り返します。反対側も同じように5回繰り返します。


3.あごの裏(口角よりもさらに上)を引き上げる

 左手で左耳の横を支えます。そして右手の親指であごの裏(口角よりもさらに上)をフェイスラインに添って左耳側に引き上げます。右の親指の動きに合わせて左手も引き上げます。この動作を5回繰り返します。反対側も同じように5回繰り返します。


4.あごの表(中央あたり)を引き上げる

 左手で左耳の横を支えます。そして右手の人差し指であごの表(中央あたり)をフェイスラインに添って左耳側に引き上げます。右の人差し指の動きに合わせて左手も引き上げます。この動作を5回繰り返します。反対側も同じように5回繰り返します。


5.あごの表(口角の下)を引き上げる

 左手で左耳の横を支えます。そして右手の人差し指であごの表(口角の下)をフェイスラインに添って左耳側に引き上げます。右の人差し指の動きに合わせて左手も引き上げます。この動作を5回繰り返します。反対側も同じように5回繰り返します。


6.あごの表(口角より上あたり)を引き上げる

 左手で左耳の横を支えます。そして右手の人差し指であごの表(口角より上あたり)をフェイスラインに添って左耳側に引き上げます。右の人差し指の動きに合わせて左手も引き上げます。この動作を5回繰り返します。反対側も同じように5回繰り返します。


7.あごの際を引き上げる

 左手で左耳の横を支えます。そして右手の人差し指で噛んだ時にできる筋肉のあたりを真上にに引き上げます。右の人差し指の動きに合わせて左手も引き上げます。この動作を5回繰り返します。反対側も同じように5回繰り返します。





 1日、1回、あなたの応援クリックが更新の励みになります。
  ↓
 
健康ダイエット ブログランキングへ




[ 2015/11/21 15:18 ] 顔を痩せる方法 | TB(-) | CM(0)

痩せる顔に見せるには、頬のマッサージから


 顔が大きいので、顔が痩せる方法によって小さくなりたいと願っている人がたくさんいます。顔の大きさは頭蓋骨によってほぼ決まっているので物理的に小さくすることはできません。しかし、頭蓋骨を覆っている皮膚の筋肉(表情筋)を鍛えることで顔全体を引きし締めて細く見せることはできます。



 そのためには表情筋を鍛えなければなりません。それでは顔の中のどの部分を鍛えるのが、顔を小さく見せるのに効果があるのでしょうか。




 1日、1回、あなたの応援クリックが更新の励みになります。
  ↓
 
健康ダイエット ブログランキングへ





 頬全体をリフトアップさせる

 顔を小さく見せるのに最も効果があるのは、誰でもすぐに思いつくはずです。そうです、頬です。頬がたるんでいると。顔が大きく見えるだけではありません。そのまま放っておくと、女性の大敵手であるほうれい線がはっきりしてくるので、老けた顔つきになってしまいます。


そのようなことにならないために、頬をすっきりとリフトアップさせなければなりません。それには、上唇を引き上げるために上唇挙筋と小頬骨筋を、そして口角を引き上げるために大頬骨筋と頬筋など、口元から頬にかけての筋肉をマッサージによって刺激することです。


マッサージすると血行が良くなり新陳代謝がよくなるので、筋肉に張りが出てきます。そうすると、頬のたるみが解消し口角が引き上げられます。その結果、ほうれい線が目立たなくなり頬全体がリフトアップします。




 頬が痩せるマッサージ

1.鼻の横を引き上げる

 左手で左側のこめかみを支えます。そして右手の人差し指を鼻の左横に添え、真上に引き上げます。右の人差し指の動きに合わせて左手も引き上げます。この動作を5回繰り返します。
反対側も同じように5回繰り返します。


2.頬骨付近を引き上げる

 左手で左側のこめかみを支えます。そして右手の人差し指を左目の左端下あたりに添え、真上に引き上げます。右の人差し指の動きに合わせて左手も引き上げます。この動作を5回繰り返します。反対側も同じように5回繰り返します。


3.口角を引き上げる

 左手で左側のこめかみを支えます。そして右手の親指を口の左端あたりに添え、斜め上に引き上げます。右の親指の動きに合わせて左手も引き上げます。この動作を5回繰り返します。
反対側も同じように5回繰り返します。


4.口角の外側を引き上げる

 左手で左側のこめかみを支えます。そして右手の親指を口の左端から斜め上外側あたりに添え、斜め上に引き上げます。右の親指の動きに合わせて左手も引き上げます。この動作を5回繰り返します。反対側も同じように5回繰り返します。




 これらのマッサージを続けると、頬のたるみがなくなりきゅっとしまった小顔に見えます。頑張って続けてくださいね。





 1日、1回、あなたの応援クリックが更新の励みになります。
  ↓
 
健康ダイエット ブログランキングへ



[ 2015/11/20 17:39 ] 顔を痩せる方法 | TB(-) | CM(0)

顔 痩せる 方法、表情筋を鍛えれば若返る


 齢をとってくると、体中の筋肉が減少してくるせいか皮膚がたるんだりしわができたりしてきます。それだけならまだいいのですが、身体にむくみも出てきます。


特に目立つのが顔です。身体全体が小さくなっているのに、顔がむくんだりしわができたりするせいで、顔が大きくなったように見えるのです。なので、顔が痩せる方法を探して、できるだけ顔を小さく見せたいと思っている女性が少なくありません。


齢をとらなくても、若い女性で顔を小さくしたいと考えている人はたくさんいます。昔から八頭身美人と言われるように、顔が小さい方が見た目が美しく見えるからなのでしょう。確かに、欧米の美人は顔が小さくてスタイルがいいですからね。



 そんな女性の願いを叶える方法があるのでしょうか。顔はどうしたら痩せることができるのでしょうか。小さくすることができるのでしょうか。





 1日、1回、あなたの応援クリックが更新の励みになります。
  ↓
 
健康ダイエット ブログランキングへ





 顔は表情筋でできている

 人は顔の表情を使って色々な感情を表現することができます。泣いたり、怒ったり、笑ったりというような表情を作るのは、顔にある表情筋と呼ばれる20種類ほどの筋肉です。


表情筋は皮膚についている筋肉で、皮膚を動かすことができます。この表情筋が動くことによって、複雑な表情を作ることができるのです。


表情筋は筋肉ですから、齢とともに老化し衰えてきます。齢をとってほおやフェイスラインがたるんで来たり、目元が下がってくるのは、このためなのです。





 表情筋を鍛えると若返る

 顔を小さくすることができるかという疑問に対する答えは、理論的には難しいと思います。何故かというと、顔の大きさというのは頭がい骨の大きさで決まります。なので頭がい骨を小さくしない限り顔を小さくすることはできません。


厳密に言うと、齢と共に頭蓋骨もいくらか小さくなるようですが、見た目で大きく変わるようなことはありません。なので、頭蓋骨の廻りの皮膚をたるまないように引き締めてやることで、見た目をすっきりさせるしかないのです。顔が痩せるというよりも引き締めるという感じです。


そのためには、表情筋を鍛えることです。多くの人が身体を鍛えることによって、若さを保とうと努力しています。しかし、表情筋を鍛えている人はほとんどいません。なので表情筋を鍛えてやりましょう。そうすれば、見た目が引き締まって、何時までも若々しく見られる顔になります。





 1日、1回、あなたの応援クリックが更新の励みになります。
  ↓
 
健康ダイエット ブログランキングへ




[ 2015/11/19 11:33 ] 顔を痩せる方法 | TB(-) | CM(0)
人気ブログランキング
 1日、1回、あなたの応援クリックが更新の励みになります。
健康と医療 ブログランキングへ
プロフィール

diet5kilog

Author:diet5kilog
FC2ブログへようこそ!



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。